スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡の国の大不況 

おちぶれた格好で道端の空き缶を拾っている少年を見かけたところ、それがなんだろう君だと気づいた匝は知らんぷりをして通り過ぎようとしました。

なんだろう君
あ、匝さんじゃないですか。こんなところで何をしているんですか?


はて?どこかから声がするが…。

なんだろう君
無視をするのをやめてください。ボクですよ。


おやおや、なんだろう君じゃないか。どうしたのかね、こんなところで?

なんだろう君
一生懸命働いていた自動車メーカーの下請け会社の工場に出入りしている会社が
仕事がなくなったと言ってクビにされて追い出されたんです。


なるほど、最近よく聞く話だね。

なんだろう君
なんで、アメリカで株が暴落したからってボクが失業しなければならないんですか?
納得いきません。働いていた会社だってこれから新工場を建ててさらに人を増やさないといけないって
言っていたのに。


それは君、景気が良かったからさ。

なんだろう君
??


では、君がアメリカ人の貧乏な労働者としよう。

なんだろう君
ん~、納得いきませんが、今よりましなようですね。


そうだよ。アメリカには夢があるんだ。そして貧乏な労働者にもマイホームが買えることができるようになった。

なんだろう君
えぇ!ボクなんか一生懸命働いていた時期でさえ、持家なんて夢のまた夢でした。本当ですか?


本当さ。それも低利なんだ。普通の金融機関からの住宅ローンは利用できない人でも、利用できる住宅ローン。
これらは金融機関が証券化して投資信託などの形で世界中に売られる。つまり君が3000万円の家をローンにしても金融機関は1円も貸し出さず、証券化して販売するんだ。そして君からの金利をみんなで分配するってわけさ。

なんだろう君
何やら素敵に聞こえますが、低利なんでしょ。そんなものに投資する人なんかいるんですか?


もちろん。最初は低利だし元本の返済も少ない。だが3年経つと元金の返済額は2倍以上に増え、金利も上がる。

なんだろう君
うわっ、サギみたいですね。そんな危ない橋を誰が渡りますか!


よく聞きたまえ。そんなローンがはじまったらマイホームを夢見る奥さん達が旦那さんのケツを叩いて家を買い始める。それも隣の家も前の家も、親戚も何もかも。つまりマイホームブームさ。新築は無理でも中古くらいは買えるだろう。つまり君は3年以内に値上がったところで家を売って、また新しい家をこの住宅ローンで買えばいいのだ。

なんだろう君
なるほど。つまりこういうわけですか?
3000万円で家を買う。月々10万円だけ返済するけれど、3年後には20万円以上を返済しないといけない。
しかし1年後には3000万円の家が中古なのに3300万円になっている。ここで売れば、返済額が120万円だから元金と合わせても3120万円。差額180万円が儲かりますね。うっしっし。


そうだよ、君。さらに別荘なんかも買ってみたらどうだい?いやいいんだよ、投資目的だから住まなくたって。なんなら土地を担保に自動車も買えるさ。

なんだろう君
いやぁ、家を3軒と車を2台。車は毎年新モデルが出るたびに買い替えしてますよ。家も金利が上がる前とかに転売して、それを元手に別のマイホームを買っています。最近じゃサンフランシスコも高く売れるんですよ。匝さんも買えばいいのに。


いやいや、私は不動産には興味がないのだよ。日本の銀行で安く金を借りて、ドルに換えて不動産証券を買っている。

なんだろう君
ってことは、間接的にボクのローンに出資してくれて、金利を得ているんですね。不労所得者、ブルジョアめ。


君だって働いていないじゃないか。それに私は世界経済のためになっているのだ。

なんだろう君
それはどういうことですか?


韓国などの中小企業は韓国の銀行から融資を受けようにも金利が高い。そこで円建て融資を受けると日本の安い金利で資金を得ることができる。

なんだろう君
でも為替レートが変動するじゃないですか。


そこだよ、なんだろう君。日本は預金しても金利が低いし株価は低迷だ。外国人も日本でお金を借りて、金利の良い国に投資しているんだよ。つまり円を借りたあと、円を売って外貨を買い、外国の高い金利の金融商品を買う。つまり円は売られぱなしで円安になる。

なんだろう君
つまりどういうことですか?


1ドル100円の時に100万円を借りる。そして金利の高い国で運用するが、みんなが円を借りて円を売っているため円安になった1ドル150円の時に100万円を返すんだ。つまり1ドル100円の時に1万ドルだった元金は、150円の時には6666ドルになっている。

なんだろう君
ええー!


さらにいいことが。円安になったから輸出産業が儲かり始めた。車なんて、アメリカでガンガン売れているんだ。なぜなら新モデルが出るたびに買い替えしてくれる、なんだろう君みたいな人もいるからね。

なんだろう君
うひょー、みんなウハウハですね。


そうだよ、ウハウハさ。
さらに少ない元金で大きな利益を得るために、信用取引をおこなったんだよ。これがまた傑作でね。
1万ドルは100万円以上するのだが、5万円くらいの証拠金があれば1万ドルを買うことができる。円安だからね、数日もすれば1円くらいすぐに上がる。つまり1万ドル100万円が101万円になる。投資したのは5万円だから5万円で6万円のお金が儲かるのさ。さらに上がり始めた証券取引も信用取引でガンガン買いまくった。

なんだろう君
うらやましいですね。ボクも買ってみますよ。


そうしなさい。さらに、投資信託や外国為替、株取引などで得た資金で会社を興した。自動車関連なんだけれどね。
これがまたウハウハさ。正社員は少なくていい。安い労働力はいくらでもいるからね。国も我々業界の要請で単純労働者でも派遣をみとめてくれた。これで我が国の雇用対策にも貢献。ついでだから事業規模を大きくするために新工場の建設のために銀行融資も受けた。

なんだろう君
匝さんも成功へとステップを順調に歩んでいてうれしいです。ボクもどんどん儲けようと思います。
でも最近、家が売れなくなってきたんですよ。


なんだって?

なんだろう君
どこもかしこも、家を売りに出しているようですが新たな買い手がいないんです。隣の家なんか、売り出したときの7割くらいで売りに出しているんです。
だからボクの家は6割ぐらいで売りにだしているんですが、買い手がつきません。このままだと金利と元金返済額が上がってしまいます。


それは大変だ。不動産証券を売らないと大変なことになる。

なんだろう君
なんでそんなに慌てているんですか?


君たちがローンの返済ができなくなったらどうなるかね?私が投資した不動産証券が紙クズになってしまうのだ。そうならないうちに売らないと。
不動産証券を買うために借金をしているんだ。だからドルを売って円を買い戻し、銀行に返済しないといけない。

なんだろう君
とうとう車も手放すことにしました。借金を返済する為に投資信託や株も売却することにします。


そんなことをしてはいかん。そんなことをすれば株価が下がってしまい、銀行が保有する有価証券が激減するため自己資本確保のために金融機関も有価証券の売却に動いてしまうじゃないか。

なんだろう君
だって、匝さんだって売っているでしょう!


証券市場が下がり始めたから、信用取引の損切りのためにさらに売却をしている。誰よりも早く売って、誰よりも早く切る抜けねば。
ドルを売って円を買い戻し、円建ての借金を返済し始めたから円高になってしまった。持っているドルが半分の価値に(シクシク)。

なんだろう君
会社はどうなったんですか、仕事がありません。


そうだ、お前たちはクビだ。仕事はない。自動車業界は急激な円高と新モデルのたびに買っていただけるお客がいなくなったどころか自動車ローンまで踏み倒す輩が多くて大変だ。さらに売れ残りの自動車をどうすれば…

なんだろう君
ひどいです!ボクたちを道具だと考えているんですか!


そ、そうだ。韓国の企業に売ったお金を回収しないと…。えぇ!円建て融資が円高で融資額以上の金額になったため倒産…。
そうだ倒産保険があったじゃないかって、倒産件数が多すぎて保険金が払えずに保険会社が倒産…ってどうすんだ。

なんだろう君
匝社長、事業が滞っているようですね。当行が融資した金額を一括で返済してください。もちろん他の銀行より先です。


うわっ!貸し剥がしだ。
というわけで、今の不況が発生したんだよ。

なんだろう君
だからって、ボクの空き缶を横取りするのはやめてください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1610-a7eaa92d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。