FC2ブログ

風船の科学 はじめに 

風船といえば、子供の頃から身近なものだった。

私が小さい頃は、デパートの売り出しの時にはアドバルーンが浮いていたし、置き薬を配達するおじさんからは紙風船をもらった。夏には水風船で遊び、水風船に水ではなく羊羹の入った玉羊羹もおいしくいただいた。石鹸の泡からはシャボン玉もつくり、お祭りなどの催しものがあれば浮く風船をもらい、ちょっとした不注意から空に放してしまって必死に追いかけ、とうとう手の届かぬところまでいったところで涙ながらに見送ったこともあった。風船ではないが、今では飛行船をみると何かいいことがありそうに感じる。

これほど身近な風船ではあるが、どうして空へ飛び立っていくものや落ちてしまうものがあるのだろう。また家に持ち帰った風船はだんだんとしぼんでしまうのはなぜだろう。シャボン玉の虹色はなぜだろう。風船をキーワードにいろいろと知っていきたいと考えている。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1624-3b32a1d8