FC2ブログ

自由研究のレポート 

自由研究(理科)などは、理系の人が得意で文系の私にはちょっとできない…、と考えている人も多いでしょう。

しかし自由研究のテーマは、“考え方”なのです。だから本やテレビなどで紹介された科学実験をそのまま真似てもダメで、真似るのであってもそこにあなたの“考え方”が述べられていないと自由研究にならないのです。よって成功するしない、本と結果が違っても、なぜ違っているか、成功していてもなぜそのようになるのかなどが“わかりやすく”書かれている必要があります。そう国語力も必要なのです。

だから理系だけ、文系だけでは自由研究は成り立たない。ものすごくいい研究をしても、自分しかわからないような意味不明な文章であれば意味がないのです。そういう意味ではグループで研究するというのもいいアイデアですよ。いろんな視点からものごとを見ることができますから。

人のことを言えませんが、読書感想文が“あらすじ”になってしまう人がいますね。自由研究でも、よいテーマで実験しても“実験しました”、“結果はこうでした”ではダメなんです。そこには、なぜ、そうなったかが書かれている必要があります。どんなに高度な研究テーマよりも、すぐれた“考察”が述べられている素朴な研究テーマの方が読み手もおもしろいのです。そう、本やテレビなどで書かれていないような、あなただけの結果と考察が求められていると考えた方がよいでしょう。

そういう意味では、ホームページやブログなどから実験のテーマや手法を得ることができても、一緒に考察しない限り、自由研究のお手伝いはできないでしょう。メールや掲示板などで一緒に考えられればよいでしょうが、それもまたむずかしいことです。

道を指し示し導いてくれる(ヒントをくれる)人、一緒に研究してくれる人、そういう人たちと一緒にできればすばらしい自由研究が出来上がるに違いありません。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1697-419a9ba4