FC2ブログ

二酸化炭素の作り方(追記編) 

過去にも二酸化炭素の作り方を書いたが、そのほかも記載する。

1)ドライアイス
ドライアイスは二酸化炭素が固体になったもの。それも常圧では液体にならないため、固体からいきなり気体になる。この時の気体をうまく集めれば二酸化炭素を入手できる。

2)発泡入浴剤
発泡入浴剤には炭酸水素ナトリウムが含まれており、これを成分とする発泡入浴剤をお湯に溶かして発生したガスを集める。匝は入浴剤を使わないので気づきませんでしたが、たまたまネットで出会いました。

3)醗酵
イースト菌などで醗酵すれば、菌が吐き出したガスが二酸化炭素。

4)重曹
重曹(炭酸水素ナトリウム)とクエン酸を水に溶かすと二酸化炭素の泡が発生する。重曹を加熱してもよい。と、別枠で書いているが、実は発泡入浴剤の成分だったりする。
また粉末炭酸ジュースの原料。つまりドライアイスを使わなくても炭酸入りジュースができる。

収集の仕方は、基本は下方置換。ただし空気とまざったりしてもわからず、純度を求めたい場合は水上置換で収集するのもよい。ただし水に二酸化炭素が溶けるため、量を測定するには工夫が必要。


2009-8-7
4)を追記
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1746-1c7f0ae3