FC2ブログ

チゴガニの万歳!多摩川下流左岸六郷水門付近  

90809_01.jpg
今日の2回目の干潮は東京港で12時46分。ちょっと出遅れて、13時50分頃に六郷水門付近の干潟に到着。大きく水が引いていた。

干潟にはたくさんのカニと行き場を失った小魚の群れ。それらを狙ったサギ類やウ、カモ類。
中にはムクドリもいて干潟を歩いていた。

90809_02.jpg
アオアシシギではないか。この場所に3羽いた。
90809_03.jpg
コチドリではないかと思うのだが、別の写真をみても同定できず。モズとかツグミってわけではないと思う。手持ちで400mm相当のレンズでは被写体も遠くそして小さかったな。
90809_04.jpg
足が黄色いのでコサギ。一羽で干潟の端から端までつついて回ると、また戻ってきて…を繰り返していた。別のコサギが来ると“ガー”といって追い返す。鳴き声は下品な声である。
サギ類はこのほかアオサギがいた。
90809_05.jpg
こちらはバン。このほかにもカルガモやマガモなどのカモ類もいた。
90809_06.jpg
スズメも元気です。最近では町中から減っているらしいですね。
90809_07.jpg
こちらはハサミの付け根付近が青みがかった小さいカニ。多数でバンザイをひっきりなしにしているのがおもしろかった。録画もしたけれど手ぶれがひどいので、ちゃんとビデオで撮影しようかなって考えてます。名前はチゴガニ(稚児蟹)だそうです。一口食っては万歳するらしいですよ。

とりあえずyoutubeから。


90809_08.jpg
こちらはヤマトオサガニ。とにかく干潟中にワラワラと歩いているやつらです。
こちらも繁殖期にはバンザイ(ウェイビングっていうらしいです)をするのだそうですが、今日はしませんでした。

干潟って楽しそうだなぁ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1752-66f6ed12