スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿河湾の地震情報 

国土地理院から情報が公開された。

国土地理院:駿河湾を震源とする地震関連
http://www.gsi.go.jp/kohokocho/h21-8-11-sizuoka.html

以上では、牧之原市の東名高速沿いと、牧之原市と吉田町の海岸部の地震後の航空写真がみられます。

またGPSにより地殻変動状況もみることができます。
GPSの水平成分によれば、震源を中心に北西から南東を結ぶ線を境界に西(左)側が北西へ移動しているのがわかる。焼津あたりが1.4~1.6cmと大きく変動した。これは境界から東側よりも西側の方が進む速度(実際のプレートは、沈んでいる方の重さで引きこまれていると考えられている)が速いのかもしれない。

先にアップしたイメージ図に近いと思う。東側(伊豆半島側)はあまり動かないのかも。
今回の地震でこの場所の歪みがとれたが、この境界線上のどこかに新たな歪みがたまると思う。数年内に新島近海での地震を想定するのだがなぁ。
szknij.jpg

ところでGPS水平成分の御前崎の値は非常に大きい変動幅のため、異常値かどうか国土地理院で確認中。地震によりセンサが傾いたとの見解もある。

御前崎にある浜岡原発はすみやかに停止し、被害は軽微で炉にも問題はないようだが、5号炉の加速度計だけが異常値を示したようだ。これは1~4号炉までの加速度が109~163ガルに対し5号炉だけが426ガルを示した。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1767-75602bb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。