FC2ブログ

インドの青鬼 

90813a.jpg
横浜に出向き、成城石井で地ビールに出会う。
「インドの青鬼」…、軽井沢のヤッホー・ブルーイング社の製品。ヤッホー・ブルーイング社は、よなよなエールで結構有名。地ビール業界にあって普通のアルミ缶で製造しているためか、結構流通に載るらしく武蔵新城でも見かけた。

ところでこの“インドの青鬼”だが、“青鬼”はなんとなくブルーイングに掛けているのだろうか。
“インド”の方は、ビールの種類(スタイルというらしい)がIPA(India Pale Ale)だからか。

飲んでみると、アルコール度数が7%とは思えないくらいの軽さ。匝としてはスーパードライより飲みやすい。それでもグイグイと飲めるほどの軽さではない。
そして…、後味にほのかな苦みがある。これがホップの苦みかぁ。
インディアン・ペールエールは、大英帝国時代、植民地のインドでもビールが楽しめるように防腐剤としてのホップをこれでもかと入れ、さらにアルコール度数をやや高めにしたビールだ。そこまでしてビールが飲みたかったのかい。

これがはじめはほのかな苦みだったのが、飲むほどに後を引く苦味となる。うーん、大人のビール。
ご幼少の頃にビールをちょっとなめた時の味を思い出しました。匝はまだ、大人になりきっていないようです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1769-2af082d2