スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死都日本 

死都日本 (講談社文庫)
死都日本 (講談社文庫)
おすすめ平均
stars笑っていられない
stars日本沈没(第一部、第二部)と並び称されるべきだと思う
starsいい作品でした。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近の地震や水害による災害をみていて、そういえば読もうと思って忘れていた本を手に取った。それがこの“死都日本”だ。

本書は大規模な火山災害を主題としている。本書末の解説の通り昔から恐れられているものは「地震、雷、火事、親父」と火山など含まれず、現代日本人が恐れているものでさえ「地震、温暖化、癌、新伝染病」なのだそうで、火山などは紫外線や家庭内不和よりも恐ろしくない調査項目外になるらしい。それでも雲仙普賢岳の火砕流や三宅島噴火は今でも後遺症を残し、浅間山は噴煙を上げているが、それほど気にならない存在となってしまった。匝でさえ関心のある火山は富士山くらいだし、大規模な火山噴火は地球の寒冷化をもたらすため実際に世界のどこかで起こったら大変だなぁ、くらいにしか考えたことがなかった。それが火山とはこういうものだったのか、と、思い知らされたのが本書である。

この本には主人公というものがいないと感じたが、メインは防災工学の学者である黒木だろう。

九州で大きな海溝型の地震が発生。特に大きな被害はなかったものの、その地震は九州南部地下の圧力状態を一変してしまった。その異変に気づいた研究者たちは首相と共に秘密裏に防災計画を策定する。その異変の規模は霧島を中心に九州南部がすべて大噴火に呑みこまれてしまうというほどのものであり、北海道と沖縄を除くすべての地域が火山由来の災害に陥り、世界的な気候変動を起こしてしまうというものだった。

黒木はこの防災計画のメンバーとなり、霧島火山研究所が閉鎖される日に後輩の新聞記者と訪問する。そして研究所から宮崎へ帰宅する途中で霧島が噴火。その後は追ってくる大規模火砕流から逃れること、さらに火砕流の後はラハールという大泥流からの逃避行が実際にある地名でリアルに描かれる。

また首相は秘密裏に準備した防災計画とそのチームと共に、救援と避難、日本国再建の道筋をつけるべく奮闘。大災害後の新たな国家像と新秩序を発表する。

とにかくこの本の醍醐味は逃避行だ。本書が取り上げる事象は数千年に一度という大噴火(破局的噴火)であり、もはや直接的な防災など役に立たないことがわかる。また科学的な知見によるシミュレーションは実際に起こった場合の人間の無力さを認識せざるを得ない。しかし逃避行は黒木という学者の火山の知識と、同行した後輩の自動車整備の技術と持前の明るさで逃げ切った。特に本書には地図もあり逃避行のルートを地図でたどることもできるので、大変ハラハラドキドキしたものだ。

これを読むといくつか災害への教訓があるように感じた。おそらく著者が意図的に書いているのだろう。宮崎県では新聞連載で黒木の火山の話が読まれていた。読んでいても大災害の予防にはまったくならないのだが(何せ九州南部は完全に灰塵となりそもそも海も埋まったのだ)、“危険が迫っている”という直感を与えた。それに対し熊本県や鹿児島県ではまったく火山の知識がなかったために逃げることもしないまま火砕流やラハールに襲われる。そう、少しでも知識があるかないかで、避難ができるかできないか、助かるか助からないかが決まってしまうことだ。

また知識の不足は情報への欲求となる。霧島が噴火したことはわかったがどうすればよいのか、どこへ逃げるのか、今どのようになっているのか、などの情報ををテレビやパソコンに求めたために完全に逃げ遅れている。まさか霧島から60キロも離れた宮崎、錦江湾をはさんだ鹿児島まで火砕流がくるとは誰も想像しないだろう。事前に避難勧告が出ていたとしても信じられずにテレビに情報を求めてしまった。しかしこれは本の中のことだけではない。実際に三陸地域では地震の揺れを感じると津波を恐れて山へ避難する習慣があったのだが、今ではやはりテレビで情報を得ようとする傾向があるらしい。テレビで津波警報が出る頃には家ごと流されている可能性があるのに。まして津波見物に海へ出向いてしまう輩もいる時代です。携帯型の緊急地震速報があれば役に立ちそうです。

本書は国家再建の道筋も描いている。
1)土石流対策
2)食料対策
3)土地政策
4)住宅対策
5)エネルギー対策
6)環境・ゴミ対策
7)雇用対策
これらはすべて現代日本の問題点でもある。幸いにして(?)この大災害は日本人や世界の価値観を大きく変え、さらに国土の人工物のほとんどが消滅してしまったために新たな国家・国土の建設ができるようになった。逆に現状では価値観が大量生産と大量消費のままであり、あらゆる利権がからみ大規模な国土の再構築はできない。もっとも大災害はあまりにも被害が大きく、豊かな山河も農地もすべて失っているところは、敗戦後の状況よりもっと悪いと文中にも書いてあるが。

おもしろかったのは、古事記や聖書(旧約)に書かれている伝承が、火山に由来しているという説を書かれていることだ。科学的な火山の知識と歴史的な知識に裏打ちされたこの物語はよりリアルさを増している。

たしかにこのような破局的噴火は人生で巡り合うことなどほとんどないかも知れない。しかしこの物語はもっと身近な災害にも防災のきっかけを与えてくれるだろう。あとは読者がそれに気づくか否かだと思う。

それでも最後に東海、東南海、南海地震の同時発生と富士山噴火の兆候というのはやり過ぎのような気もする。
ちなみにこの災害は物語では政権交代後に発生したりするのだ(^^;;

ついでに世界の気候に影響を与えた火山(最近)
1783年 ラキ火山
1815年 タンボラ山
1883年 クラカタウ
1991年 ピナトゥボ山

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1784-d6627079

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。