FC2ブログ

黒エビスはじまりました(あと檸檬酒とか) 

新地にある“花籠”さんで、黒エビス(ビール)がはじまりました。
“冷しゃぶとエビス黒”でも書きましたが、店主は匝の希望通り入れてくれました。
まだメニューにはありません。定番メニューにするか悩んでいるようです。
そのため匝がひとりで飲んでいますが飲みきれませんので…
ぜひ、一声「黒」と言ってやってください
ブログを見たけど黒ちょーだい、で伝わるかと思います(責任は取りませんが…)。
90904a.jpg
小瓶なのですぐに飲めるし、黒はお肉料理にあいますよ(きっと)。
ちなみに匝は社内でも唯一のサッポロ派だったりして(うふ)。

ところで花籠さんには“檸檬酒”というのも置いてある。開発元はこちら。お酒って感じはあまりしないがレモンジュースっぽい。冷やして飲むとおいしい。

さてレモン100%のお酒というのがウリなのだが、匝は疑問に思った。
1)酵母はレモン果汁の酸(ph2くらい、胃酸なみ)でも活動できるのだろうか?
2)レモンにアルコール濃度9%にするほどの糖があるのだろうか?
3)種類か“甘味果実酒”になっているのでアルコールが混和されているのだろうか?

これらの疑問は花籠店主が酒屋経由で醸造元へ問い合わせてくれた。回答は「書面で」との念の押しようである。

そして来たよ、回答が。
1)に対しては、はじめ薄めの果汁の補糖して酵母を勢いづけ、発酵力が強まった7日目頃から果汁濃度を高めて30日発酵させるとのこと。
2)に対してはレモンは糖が4%しか含まれていないとのこと。おそらく補糖分でアルコール濃度が上がっているのだろう。
3)これは匝が知らなかったのだが、平成19年度の新酒税法で砂糖やブドウ糖、果糖以外のものを加えたものも“甘味果実酒”となったそうである。そしてこの檸檬酒はアルコールを混和していないそうだ。

もっと具体的な醸造ノウハウについては企業秘密とのこと。いやいや回答いただいただけでもありがたいです。お客からの反応があるとモノつくっている人ってうれしいのかな。そうであってほしいな。
それにしても花籠さんも、問い合わせに乗った酒屋さんも、ありがとう。まさか、本当に問い合わせるとは思いもしませんでしたが、そんな行動力は大好きです。

国産レモンには外国産レモンのような恐ろしげな防かび剤は使われていない(収穫後、早く消費されるからだ)。だから皮ごと果汁を採る檸檬酒は安全な飲み物です。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1821-d24234db