スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの温暖化の見方 

これから温暖化が進むと世間は考えていろいろ対策している。しかし科学者たちのすべてが温暖化がこのまま進むとは考えていないし、多くの科学者は今後どうなるのかわからないのが正直なところだろう。もっとも観測事実としては温暖化が進んでいる。これは現在進行形であるが、この先も温暖化が進むかどうか、意見が分かれるが、大方の意見は温暖化が進むと考えられている。もっとも多分に政治的な話になってきてしまったので、科学的なところはどうなのかよくわからない。

30年くらいまではこのまま寒冷化が進むと考えられていたが、90年代くらいから温暖化が意識されるようになってきた。これは観測事実が温暖化を示し始めたからだが。

以前、匝も熱塩循環から考えて温暖化をきっかけに大きく寒冷化へ揺り戻しがあるという意見に興味をもった。

匝のサイト:温暖化の先の寒冷化

米国が温暖化対策に熱心でないのは経済的な理由なのか、科学的な考証で違う意見を支持しているのか、それとも経済的な理由を正当化する為に科学的な違う意見を支持しているのかはわからないが、米国国防省が下記の文書を公開している。

これが正しいかどうかわからないが、このような意見もあることは知っていた方がいいだろう。
訳は一部であり、それも機械翻訳だから行間に潜む真意を読みとってほしい。

また匝はこの意見をもろ手をあげて支持しているわけではありません。あくまで一つの意見であり、圧倒的な温暖化説に対する違う意見ということで。


An Abrupt Climate Change Scenario and Its Implications for United States National Security
October 2003
http://www.accc.gv.at/pdf/pentagon_climate_change.pdf

<機械直訳 P7-P13>
未来の気候変動シナリオ
急激な気候の変化の過去の例は、未来の急激な気候の変化シナリオをもっともらしいと考えるのが、慎重であると示唆します、特にいくつかの最近の科学的調査結果が、私たちがそのような出来事の尖頭にいるかもしれないのを示すので。 私たちが構成した将来のシナリオは、現在の出来事の8,200年前の上と遠くにYounger Dryasより簡潔ですが、小氷河時代より厳しい状態で基づいています。出来事は多くの暖めるものでした。 このシナリオは地球の地域が、より冷たく、より乾いていて、より風が強い傾向があるもっともらしい仮定をします。 激化している研究は、仮定を洗練するのを助けるかもしれませんが、現在のモデルに基づいて仮定を確認する方法が全くありません。

私たちの意図がどのように気候変動意志が起こって、衝撃気候変動を脚色するかことであると予測するよりむしろ、私たちがそれのために準備ができていないなら、社会でそうしたかもしれません。 私たちが具体的な気象条件と含意について説明するところでは、私たちの目的は、何が高度の確実性で起こりそうであるかを正確に予測するというよりむしろ戦略の会話を促進することです。 最も精巧なモデルさえ気候変動がどのように開くだろうか、そして、どの方法でどの領域に影響を与えるだろうか、そして、政府と社会がどのように応じるかもしれないかに関する詳細を予測できません。 しかしながら、以下に表現された方が、信じがたくないように一般協定は、極端がケースに入れる科学的共同体であるように見えます。 多くの科学者が、気候変動がどれくらい早く、展開するか、そして、どれくらい大きく、急速でどこにでもあるかでこのシナリオが極端であるとみなすでしょう。 しかし、歴史は、時々、極端なケースが現れて、それが証拠であるかもしれないことがあって、そのようなシナリオを考えるのが、DODの仕事であると私たちに言います。

この出来事の持続時間が何10年間も、何世紀も、またはミレニアムであるかもしれなく、将来今年か何年も始めるかもしれないのを覚えておいてください。 ここで提案された気候変動分裂シナリオでは、私たちは、2010に通じるゆるやかな温暖化の期間を考えて、次に、次の10年について概説します。(8,200出来事などのように、その時、気象条件変化のパターンで冷えることに向かった突然の変化は起こると思われます)。

2010まで暖まります。
現代文明によって経験された温暖化の最も急速な世紀に続いて、21世紀の最初の10年は、大気中の加速が暖まって、世界中の平均温度として、より被害を受けている領域で華氏10年間あたり.5度と華氏10年間あたり最大2度上昇するように見ます。 そのような温度変化は地球の上で領域と季節で異なるでしょう、これらのよりすばらしいスケール変化が平均した変化よりさらに大きいか、または小さい状態で。 非常に明確なことは、惑星が20世紀後半の温暖化傾向を続けているということです。
南米の北アメリカ、ヨーロッパ、および地域の大部分は1世紀前に経験したより華氏90度以上のピーク温度がある30%さらに多くの日を経験します、冷凍の下にはるかに少ない日がある状態で。 温暖化に加えて、不安定な天候の型があります: 以上は粒を生産していて沿岸に農業の領域で特に山岳地帯、長引いている干ばつで浸水します。 一般に、気候シフトは経済迷惑です、嵐、干ばつ、および熱い期間が農業と他の気候依存性活性に影響を与えるのに従って一般に、局部に影響して。 (よりフランス人の医師は、例えば、8月に勤務中のままで残っています) もっとも、天候の型は、相互接続されたグローバルな社会か合衆国国家安全を脅かすくらいにはまだ十分厳しくもなくて、また広範囲でもありません。

フィードバックループを暖かくします。
温度が20世紀と、そして、強力な2000年代前半の正のフィードバック・ループの中に上昇するように、始まってください、1年あたりの数個の位置の華氏の.4と結局.5度までの華氏.2度からの温暖化を加速して。 表面が暖まるのに従って、温度がさらに高く上昇することを引き起こしながら、水の循環(蒸発、降水量、および決勝戦)は加速します。 水蒸気(最も強力な自然な地球温暖化ガス)が捕らえられる、追加、平均した表面気温を上に加熱して、もたらします。 蒸発が増加するのに従って、より高い表面気温は森林と草原における乾燥を引き起こします。そこでは、動物が牧草を食って、農業者は穀物を栽培します。 木が死んで、燃えるとき、森林は、より少ない二酸化炭素を吸収します、再びまた、激しいとしての、より高い表面気温と制御不可能な山火事Furtherに通じてより暖かい温度は寒い気象区域の森林中で山、開電場、高緯度ツンドラ地帯、および永久凍土層に積雪を溶かします。 地面が太陽の光の以下をさらに吸収して、反映している状態で、温度はさらに高く増加します。

2005年までには、シフトの気候の影響は世界中の一定の地域で、より激しく感じられます。 より激しい嵐と台風はタラワやツバル(ニュージーランドの近くの)などの低い島におけるより高い大波と洪水を引き起こします。 2007年に、特に激しい嵐はいくつかをハーグなどの主要な沿岸の都市にするオランダの堤防を通って住めなく海洋が壊れます。 カリフォルニアのセントラルバリーのサクラメントの川の地域でのデルタ島の堤防の失敗は、内海を作成して、渇水期の間、もうその領域を塩水に入れないようにすることができないので、北カリフォルニアから南カリフォルニアまで水を輸送する水路システムを混乱させます。 何人かのチベットの人々が移動することを引き起こして、ヒマラヤン氷河に沿って溶けるのは加速します。 氷を浮かべて、北極海では、2010年までに夏がほとんど去られています。(海には、1970年から2003年まで固まりの既に無くなっている40%がありました)。 氷河の氷が溶けるのに従って、海面は昇ります、そして、冬季海の範囲が減少するのに従って、波浪は強度で増加します、沿岸の都市を破損して。 さらに、何百万人もの人々が地球(およそ4回の2003のレベル)の周りに危険な状態に氾濫について置かれます、そして、水の温度変化原因が新しい位置と生息地にわたるように釣りをするとき、漁業は中断します、漁業権の上で緊張を高めて。

天気擾乱によって引き起こされたそれぞれのこれらの局地災害は、自然で、人間の、そして、経済のリソースが回復で支援するために開発される隣接した領域に影響を与えます。 温暖化パターンの正のフィードバック・ループと加速は以前に想像されなかった応答の引き金となり始めます、天災と荒天が発展する両方と、より少ない先進国に起こるとき。 それほど弾力がない発展途上国でそれらの影響は最も大きいです。(発展途上国は、変化を吸収するためにそれらの社会的で、経済の、そして、農業のシステムを容量に組み込ませません)。

グリーンランド氷床について溶けるのが年間積雪量を超えて、高緯度降水量からの増加する淡水流出があるのに従って、北大西洋とグリーンランドとヨーロッパの間の海の水域の新しくなることは増加します。 これらの新しくされた水域の低い密度は順番にサーモハライン循環装置の鋭い遅くなることへ道を開きます。

2010年から2020年までの期間
熱塩循環崩壊
遅く新しくなることのおよそ60年後に、サーモハライン崩壊は2010年に始まります、メキシコ湾流(グローバルなサーモハラインコンベアの北大西洋アーム)の暖かい流れによって可能にされるヨーロッパの温暖な気候を混乱させて。 海洋循環パターンは変化します、北欧と東北アメリカの天気のときに、より少ない温水を北に持って来て、即座のシフトを引き起こして。 北大西洋は、溶けつつある氷河からの淡水の来ること、グリーンランドの氷床、おそらく重要に最も増加する降雨、および決勝戦で影響を受け続けています。 原因を暖かくする何10年間もの高緯度が、北部の塩辛くて、濃い水に降水量を増加させて、追加淡水をもたらします。(通常、北部は主により暖かくて、より塩辛い水でメキシコ湾流から影響を受けます)。 温水のその大規模な電流はもう遠くに北大西洋に達しません。 即座の気候効果は、ヨーロッパと北半球の大部分中の、よりクールな温度と降雨の多くの主要な農業の、そして、居住された領域での劇的な低下です。 しかしながら、崩壊の効果は気まぐれに感じられるでしょう、再び混乱させられて、天気がだけ再現れた状態で型に基づいて作る伝統的と#8212として; まる10年間の間の。

熱塩循環の劇的な遅くなることは何人かの海洋研究者によって予期されますが、合衆国は効果、タイミング、または強度のために十分準備されません。 改良されましたが、気候と海洋システムのコンピュータモデルは政策立案者への一貫して正確な情報を十分作り出すことができませんでした。 天候の型が崩壊に続く数年間移行するとき、将来の年がどんなタイプの天気をもたらすかは、明確ではありません。 何人かの予報官が、冷却と乾性が終わろうとしていると信じている間、他のものは新しい氷河期かグローバルな干ばつを予測します、政策立案者と公衆を将来の気候とするべきことに関して非常に不確実なままにして、どちらかと言えば。 緊急の大規模な人間の応答を必要として、これは、単に少ない重要性の「光点」かそれとも地球の気候で根本的変化ですか?

北半球の陸域のための、よりクールで、より乾いて、より風の強い状態
ウェザー・リポート: 2010-2020
●干ばつは全体の10年間ヨーロッパと東北アメリカで批判的な農業地域と主要な居留区の周りの領域へ持続しています。
●平均した年に一度の温度はヨーロッパで華氏最大5度をアジア、北アメリカ、および華氏最大6度の上落ちさせます。
●温度はオーストラリア、南米、および南アフリカ中のキー領域における華氏最大4度増加します。
●変化の衝撃を増幅して、冬の嵐と風は激化します。 西欧と北太平洋表面は西風を強めました。

それぞれの数年は2010年から2020年までの間、北欧中で平均温度低下を見ます、10年後に6°Fの低下と同じくらい多くに通じて。
この領域の平均年間降水量はおよそ30%静まります。 そして、風は最大15%平均的に強いです。 北アジアと北アメリカの大陸内部領域では、気候条件が、より厳しいです。

干ばつの効果は農業の、そして、居住された領域の温度減少の不愉快より破壊的です。 降水量のしつこい減少がこれらの領域にある状態で、淡水供給は、湖がすっかり乾燥して、川の流動は静まって、絞られて、圧倒的な利用可能な保存選択と淡水蓄えを使い果たすことです。 Mega-干ばつは完全な10年間の間中南部の中国と約2010の北欧と最後に主要な領域で始まります。 同時に、過去数10年間にわたって比較的乾いた領域は、乾燥地帯農業を伝統的に当てにした持続している年の、滝のような雨、氾濫川、および領域を受けます。

北大西洋の地域と北アジアの向こう側に、冷却は冬--12月、1月、および2月の心で最も発音されます--効果は何季節もにわたって長居していますが、冷却はますます激しくより予測できないようになります。
雪が山岳地帯に蓄積するのに従って、冷却は夏まで広まります。 冷却と夏乾性に加えて、大気循環が、より帯状になるとき、風のパターン速度は強くなります。

地球の周りの気候変化の開始の間天候の型を混乱させますが、効果は熱塩循環崩壊の後の最初の5年間の北欧ではるかに著しいです。 この10年間の後半までには、寒気と、より厳しい状態は向こうの南欧(北アメリカ)により深く広まりました。 より寒い天気のパターンが海氷が北北大西洋の上に存在していることの時に伸されるとき、北欧は冷えます、更なる冷却影響を作成して、冬季表面気温の期間を伸ばしていて。
大気がポールから赤道への、より強い温度勾配に対処しようとするとき、風は回復します。 ヨーロッパ大陸の向こう側に吹く冷気は農業のための特に厳しい状態を引き起こします。 風と乾性の組み合わせは広範囲の砂じん嵐と土砂流出を引き起こします。

増加の温暖化のサインは大西洋に沿って南のほとんどの領域に現れますが、乾性は止みません。 10年間の終わりまでには、ヨーロッパの気候はさらにシベリアのものに似ています。

南半球への予備のプラン
南半球の気候力学に関して相当の不確実性があります、主に利用可能なより少ないpaleoclimaticデータのため北半球より。 南半球の主要な領域の天候の型は北半球のものをまねるかもしれません、熱が熱帯から北半球まで流れるのに従って、より冷たく、より乾いていて、より厳しくなって、熱力学的に天気のシステムのバランスをとろうとして。 あるいはまた、北半球の冷却は南の増加する温暖、降水量、および嵐につながるかもしれません、通常、海流で赤道の領域から遠くに送られた熱が、捕らえられるようになって、地球温暖化ガスの温暖化が、加速し続けているとき。 いずれにせよ、急激な気候の変化が#同時間と8211年に世界の主要な人口と成長部の多くに極端な気象状況をもたらすのは、信じがたくはありません。 世界食料、水、およびエネルギー供給を強調します。

ヨーロッパ。 気候変化によって最も強く打たれて、平均した年に一度の温度は、10年間未満後に華氏に6度立ち寄ります、ノースウェスト海岸に沿って、より劇的なシフトがある状態で。 シベリアのようにそれをさらに作って、北西のヨーロッパの風潮は、より冷たく、より乾いていて、より風が強いです。 南欧は、変化の以下を経験しますが、まだ機敏な間欠冷却と急速な温度変化に苦しんでいます。 減少している降水量によって、食物物不足に貢献して、土砂流出はヨーロッパ中で問題になります。 ヨーロッパは、移住としてアフリカとほかの場所でまた、温暖を求めてスカンジナビアの、そして、北のヨーロッパの国から被害を受けている国から移住を食い止めるように戦います。

合衆国。 より冷たいです、より風が強くて、より乾いた天気で、南西では、より不足していて、北東の合衆国中でそれほど生産的でなくて、より長く生育期をより乾かせます。 砂漠地帯は増加する暴風に直面しています、農業領域が、より高い風速と減少している土中水による土砂流出に苦しみますが。 より乾いた気候に向かった変化は南州で特に発音されます。
温暖化の期間、危険であった沿岸地域は危険なままで残っています、海洋が平らにする上昇が岸に沿って続くように。 合衆国は内へ向かいます、それ自身の人口を食べさせるのにリソースを遂行して、境界を支えて、増加するグローバルな緊張を管理して。

中国。 食物供給の高いニーズをもって広大な人口を与える場合、雨季に降る雨の減少している信頼性で強く中国を打ちます。 夏季の間の時々の季節風はそれらの降水量のために歓迎されますが、それらが一般に荒廃地をあふれさせるとき、圧倒的影響を持ってください。 減少している降水量のため減少している気化冷却で引き起こされたより長くて、より寒い冬、より熱い夏は、既にきついエネルギーと給水を強調します。 広範囲の飢饉は風邪と空腹な中国の同輩としてエネルギー資源におけるロシアの、そして、西の境界の向こう側にしっと深くカオスと内部の戦いを引き起こします。

バングラデシュ。 しつこい台風と、より高い海面は重要な海蝕をもたらす大波を引き起こします、バングラデシュの大部分をほとんど住居に適さなくして。
さらに、飲料水と人道の危機を作成して、上昇している海面は内陸で淡水供給を汚染します。 中国とインド(それら自身の境界の中で危機を管理するように戦っている)で緊張を引き起こして、大規模な移住は起こります。

東アフリカ。 ケニア、タンザニア、およびモザンビークは、わずかに暖かい天気に直面していますが、しつこい干ばつによって挑戦されます。 状態を乾かすために慣れていて、変化気象条件によって影響を及ぼされて、これらの国は最少でしたが、彼らの食物供給は生産領域が受ける主要な粒として挑戦されます。

オーストラリア。 一流の食物輸出業者オーストラリアは、地球の周りに食物を供給するように戦います、農業が気候における、より微妙な変化によって厳しく影響を与えられないとき。 しかし、南半球気候変動に関する大きい不明確なことで、この優しい結論は疑わしくなります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1829-f60d0c06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。