FC2ブログ

イルカを食す(構想編) 

新たな野望である。
もともとクジラの刺身とかベーコン(ミンクに限る)を好む匝ではある。クジラも火を通したものは、ボソボソしていて好まない。

ところでイルカなんですが、ご存じのようにクジラの仲間です。クジラとイルカは厳密には区別されず、体長と見た目で決めているような感じがします。

さてそのイルカですが水族館で愛くるしい顔をして泳いでいる姿には癒されるものがありますが、一回だけ食べたことがあります。小田原だったかでイルカの煮たものを食べたのですが、決しておいしいものではなかった。なのでイルカを見るのは好きですが、食べるのは好きではありません。

ところが、実はそれはイルカの調理がよくなかったのではないかという説がでてきました。

サクッちに聞いたら「早めに食べないと臭みが出るわね」といわれました。さすが銚子育ちは違います。匝も臭みが気になったのですが、やはり伝統的においしい調理方法があると思うんだよなぁ。

ネットで検索すると、
1)冷凍のイルカ肉を血抜きして刺身にする。
2)皮つき肉を入手して、味噌煮にする。これは冷ましてからいただくらしい。

三島市:イルカの味噌煮
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/ipn001842.html

食は文化ですから、地域特有の文化であるイルカ食をもう少し研究してみるのもいいかと思って…(ただの興味本位では?という耳の痛い話は聞き流します)。

静岡県東部、伊豆から清水あたりまででよくイルカを食べているらしいですが、その由来はあまり知りません。こういうところを勉強しながら、実際に食して食文化を考えるのも必要かと(後付けのいいわけ…かも知れません)。

さて入手だが、ネット販売はみつからないですね。旬が秋から冬というのもあるからか。ネット通販したら抗議のメールが来るからだろうか…。小田原でもスーパーにみた記憶があるが、最近はないらしい。清水までいけば確実にある。市場に。しかし往復5000円の交通費が…。

そしてもうひとつ、どこで調理するかだ。やはり、あの店に持ち込むしかないか…。

ちなみにイルカやクジラに限らず食物連鎖の上位に位置するマグロなどの魚類(鯨類を含む)の摂食は、魚類に含まれるメチル水銀の妊婦から胎児への影響があるため、妊婦の方は食べすぎには注意してください。
(クジラ、イルカは食べ過ぎはないと思うが、マグロはありえる)

厚生労働省:妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項の見直しについて(平成17年11月2日)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/051102-1-02.pdf

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1879-3ecb7286