FC2ブログ

川越地ビール「COEDO紅赤」 

先月、川越に行った時のお土産として買った薩摩芋ビール。
数年前に買い求めたものとラベルも一新されて“COEDO”になっていた。もちろんCOEDOの意味は“小江戸”に由来するのでしょう。

今回買ってきたものは“紅赤”と呼ばれるアルコール度数7%で川越産金時薩摩芋を焼芋加工した発泡酒。もう、どうやって醸造したのかはさっぱりわかりません。
coedo.jpg
ところでCOEDOの“E”の上に描かれている家紋(?)は、鞠花ことホップを図案化したものだそうだ。いい、意匠だと思うね。

ちなみにビールの種類は…

伽羅(黄褐色)
瑠璃(さわやかなピルスナー)
白 (無濾過の白濁色ビール)
漆黒(艶やかな漆黒、茶白色の泡立ちの黒ビール)
紅赤(赤みがかった琥珀色で香ばしい甘みのラガー)

以上の5種類。

川越から宅配で届いた時“しくった”と思った。紅赤だけ買ったんだよね。各種買っておけばいろいろ感想が書けたのに。もっとも薩摩芋ビールといえるのは紅赤だけかな?

なんともいえないコクがありながら、薄口でほのかに甘みのあるこのビールはなかなかいける。ビールとしては“?”と首を傾げるけれど、これはこれで旨い酒だと思うね。度数が高いのですぐにほろ酔いになってしまうけどさ。

ちなみにお取り寄せもできるよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/190-df0cc3ce