FC2ブログ

龍勢が飛んでいく【動画差替版】 

うん、楽しかった!
席について昼食が配られている時に13時になり、龍勢がいつ飛び出してもいいようにカメラを構えての準備。右目はファインダー越しに、左目は生で打ち上げを見つめていた…
がッ!
91011_21.jpg
15番の貴源雲流“秋空を彩る貴源の舞”は秋空ではなく、矢倉の上で舞い上がってしまった。
下の人たちは大変そうだ。
91011_22.jpg
打ち上げは15分置き。風が会場側に流れはじめる。係長氏はビールの買い出し中。
13時15分にやや遅れて16番武甲雲流“大空に輝け、武甲の華 昇龍の舞”の打ち上げ。
やっと秋空に吸い込まれるように雲を引く龍勢をみることができた。これには小学校の寄書きパラシュート付。
91011_23.jpg
続けて13時30分に遅れること7分。17番の翼天飛流“昇り翼龍 流れ銀華”の打ち上げ。これにも別の小学校の寄書きパラシュート搭載。失敗したらちびっこががっかりしそうだが、意外と失敗が多いのも龍勢の特徴。手作りですし、ま、そこも楽しみの一つです。

この龍勢は青空に一条の雲を引き、上空ではじけてうまい具合にパラシュートが展開された。
打ち上げる龍勢には長い竹竿がついているので大きなパラシュートは安全に竿を落下させるもの。凝っている龍勢だと竿から煙幕をいい具合に仕掛けているものも。その他に唐傘や花火もついているものがある。
91011_24.jpg
18番櫻龍会“世界の果てまで、ピカチュウ、吉中、イッテQ”。
91011_25.jpg
この18番も小学校の寄書き付。いい具合に上空ではじけ、煙幕がきれいだ。
91011_26.jpg
椋神社付近の打ち上げ矢倉に近い所からの見学。
20番の白雲流“カギのエキスパート開ける明るい未来を!”という龍名は、奉納者がジュウゼン製造という会社。上空ではじくことなく、まっすぐ山の裏側まで飛び去りました。猪突猛進で社業も安泰?
91011_27.jpg
続くこちらは21番は巻雲流“巻雲流 分身の術”。
奉納者のJAちちぶ農協の方がステージで挨拶。「我々は約束した時間に打ち上げます」という言葉通り定刻の14時30分にうちあがった。上空ではじけ、パラシュートが展開し、花火が鳴った時にはガッツポーズしていたのを匝はみてしまった。うれしいんだろうなぁ。

23~25番23,24,26番はYoutubeでご覧ください。
お子さんの誕生祝いで奉納したりすることもできるそうです。聞いたら流派に申し込むらしいんですが、相場は30万円くらい。原価は15万くらいかなぁ、とはいっていましたが、とりあえず30万円を払えば自分の龍勢を作ってもらえ、もしかしたら口上も述べられるのかも。

この口上がおもしろい。どうも打ち上げと口上は審査されているようで、順位が発表されるそうな。

25番は“大不況でも元気だよ。唐傘まつり”という龍名だったけれど、打ち上げまでに時間がかかり、さらに上空に至る前にはじいてしまったため、この不況は長引く上に行く先も何があるのかわからないという暗示にならないように。なむなむ。(以下、追記)打ちあがることなく下の写真のようにハジケました。前途は…
91011_28.jpg

動画最後の打ち上げは26番の“秋空に舞う ナイアガラ ☆一番星の舞☆”という秋雲流の龍勢だったようです。

バスへの移動や龍勢会館見学もあったので16時には移動することに。風の影響もあって打ち上げは遅れ気味のところ最後に見たのは、地上ではじきました。残念。


2009-10-13 23:40
動画の最後の打ち上げの訂正
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1928-609680f5