FC2ブログ

台風18号の上陸位置バトル 

なんだかどうでもいいことのようにも感じるのだが、気象庁とウェザーニューズ社(以下、WN社)の当事者としてはそうも行かないのだろう。

問題点は2点あり
1)気象庁とWN社とで台風18号の経路に違いが生じている
2)台風の進路等の情報(防災情報)は気象庁が一元的に管轄するべきもの
である。

1)についてはWN社は観測根拠を示している。

WN社:2009年台風18号の解析結果の概要
http://weathernews.com/jp/c/press/2009/pdf/kaiseki091019.pdf

ちょっと気になるのは台風の眼自体が半径数十キロにおよぶため、気象庁の経路でも説明がつきそうなところかな。

また、WN社の解析だと海上保安庁の大王埼灯台の観測データを併用しているが、これは気象庁のアメダスと同じ基準で観測されているのだろうか?という疑問。なぜ4:40の大王埼灯台のデータが記載されていないのだろう。これは率直な疑問。

WN社の経路だと海上保安庁の御座埼灯台の真上を通過したことになるが、なぜか御座埼灯台のデータが掲載されていない(過去データが公開されていないようだ)。

そもそも、眼のさらに中心とはどこを指すのだろう…??

2)の方がいくぶん重要に感じる。
実況は、観測なのか、予報なのか。今、台風の中心はここにあるというのは観測事実のようだが、台風の眼は巨大であり、気圧が一番低いところが中心と定義したとしても、実際気圧計が設置されていないわけで、観測データによる推定位置にしかならない。はて、それは観測事実なのか、予想位置なのか…。

ただ台風の中心を10キロメートル以内の精度で決めても、防災上意味がない気もするのだがどうなのだろうか?火事でいえば火元が数メートルずれたからといって、家が焼けてしまえば意味はないわけですからね。気象などもっと大きな視点で考えるもんだと思うんですが…。

どっちも大人げがない気もします。
(一応、地震についても防災科研や東大地震研なども観測し震源位置を計算しているけれど、公式には気象庁発表が正式なもの(最終の確定値)となるんですよねぇ)

やはりリアルタイムに、方や再上陸で方や上陸ではダメなんでしょうかねぇ。


2009-10-22

気象庁長官会見(全文はリンク先をみてください)
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/tyoukan/2009/dg_20091015.html

Q. 台風第18号の時に、民間気象会社のウェザーニューズが気象庁の発表する上陸地点と違う上陸地点を発表しましたが、その時の経緯と気象庁が行なった処分についてお聞かせ下さい。
A. 私どもは上陸地点を知多半島付近と発表いたしました。御指摘のあったウェザーニューズの発表によると、志摩半島に上陸し、それから渥美半島に上陸したというふうに聞いております。台風の上陸位置というのは重要な防災情報で、気象技術・気象学的にみて様々な議論があるとは思いますが、どこに上陸したのかということを皆様が求めていらっしゃる段階で複数の情報が出る、つまりシングルボイスでなくなるというのは、慌ただしい状況の中、混乱を招くおそれがあります。そのようなことを避けるために、防災情報というものはシングルボイスであることが望ましく、台風の情報に関しては気象庁の発表している情報の解説に留めてほしいということを常々申し上げてきているところでございますので、私どもからはウェザーニューズに対して、再度その旨をご説明しご理解を頂きつつあると思っています。

Q. 昨日、ウェザーニューズが会員向けに送ったメールの中で、「自分達はこれで正しかった。今後も台風の進路を追究していく」というような記述もあるようで、あまり反省しているように見えませんがどう思われますか。また、今後も独自に台風の進路情報を出すという時に気象庁の対応はどのようなことを考えていますか。
A. 解析をいくらなさるのも構いませんし、それによって御自身の色々な意思決定をなさるのは構いませんが、それを外に発表するとなると、先ほど申し上げたように、シングルボイスを保ったほうがよいと思われる情報ですので、そこは何度でもご説明する必要があります。私はある程度ご理解を得られたと考えていますが、それでも違う情報を出すということであれば、情報の性質上、シングルボイスであることが望ましいということを重ねてお話したいと思います。

Q. 台風の上陸情報が複数発表される場合、どのような混乱があると考えていますか。
A. 2種類の情報を御覧になった時に、どちらが正しいかを考えなくてはなりません。そのようなことにエネルギーを割いているような状況ではないだろうということです。防災情報というのは、バタバタしている時に、似ているようでちょっと違っている情報が入ってくると非常に厄介なので、それは一つにするというのが基本的なコンセンサスだと思っています。今回、具体的に誰かがこのことでひどい目にあったという情報はつかんでいませんが、緊急対応しなければならない状況において、防災情報をお伝えになる立場の方にたまたまこの2種類の情報が入ったときに、どちらが本当かを考える無用な時間を強いることになってしまうのではないかと思っています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1940-974427ba