スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風23号バス水没事故から5年 

また改めて書きますが、2004年の台風23号による由良川洪水から5年が経った。
この台風は時期的に遅い台風で、10月20日に高知に上陸。死者・行方不明者98名、床上床下浸水住宅数約55000棟にも上る、近年では最大級の水害であった。

その中でも報道で印象に残ったのは、由良川が決壊し近隣の地域が水没する中、バスの屋根に上って身を寄せ合い救助を待つ乗客の姿だった。そしてこの事故が本にされたので昨日買ってきたのだ。

この大水害は10月20日から21日に発生したが、その直後の23日に中越地震が発生。これだけ大規模の水害であったにも関わらず中越地震の方に世間の注目がいってしまったのは残念である。災害を比べることはできないが、水害の方はどちらかというと忘れられてしまった感じもしたもので。
(そういう意味では中越地震から今日で5年なんですね)

国土交通省:由良川大川橋付近でのバス立ち往生
http://www.mlit.go.jp/river/saigaisokuho_blog/past_saigaisokuho/honshosakusei/041026taifu23/taifu23_9.html

日本ダム協会:平成16年台風23号時の大野ダムの洪水調節~由良川でバスが立ち往生~
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jdf/Dambinran/binran/TPage/TP1402Bus.html

毎日新聞:台風23号:あす5年 知恵と勇気の一夜、元教諭が紙芝居に バス水没の関係者取材し
http://mainichi.jp/kansai/news/20091019ddf041040013000c.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1942-10a9d183

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。