FC2ブログ

花籠大試飲会“MIZUBASHO PURE” 

花籠店主よりお誘い頂いていた試飲会に参加。24名のお客と永井酒造の工場長、小坂酒店店主と楽しくお話しした。
91024_01.jpg
試飲できるお酒メニュー
 ■水芭蕉 純米ひやおろし
 ■金寶 山廃純米 燗誂え
 ■谷川岳 ひやおろし
 ■大信州 極寒辛口ひやおろし
 ■水芭蕉 特別本醸造生酒
 そして特別マル秘酒として“水芭蕉 究極の一番搾り中汲み袋取り無濾過生々酒”
と、いいつつ、一番最初は前々から試してみたかった日本酒のシャンパン“MIZUBASHO PURE”が登場。
91024_02.jpg
ショワショワ感の少ない低発泡。でも調べるとガスボリュームは4.5~5.0volあるそうだ。
色はほぼ無色(ライティングの問題で正しいかは不明)。クセがなくシャンパンのような強い味や炭酸の刺激はなく、まろやかな水のような味だが、余韻に梨のような甘みを感じる。
香りは鼻炎のためよくわからず。
注がれるまま飲んでいたら体調が万全でないこともあり出来上がってしまった。
91024_03.jpg
今日の特別マル秘酒。この日のために工場長が持ってきました。
もろみを酒袋に入れぶら下げ、そこから自然に滴り落ちるお酒を集めたもの。雫酒ですね。
ドモホル○リンクルのように一滴、一滴を見守っているかわかりませんが、生々酒(貯蔵する前と瓶詰時の火入れをしない)がこうやってすぐに飲めるのは非常に恵まれた時代です。
が、飲んでいる匝は出来上がって、すでに味がわかりません…。もったいない。
91024_04.jpg
チェイサー用に仕込み水まで用意してくれた永井酒造さんはすばらしい!!

ほかのお客さんともお話できて、大変楽しめました。
楽しいひと時をご用意いただいた花籠店主殿にも感謝します。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1945-881874c8