スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒のこだわりを考える 

人間、何かこだわりを持つと当然、知識に基づいた薀蓄を語るようになる。
お酒もこの薀蓄を語るにはいいネタだ。ただ語るにはおいしいお酒がどのようにできているのか、作り手はどのような思いで作っているのか、を知ることであり、日々努力と失敗を繰り返しよい製品を送り出す生産者に対して薀蓄を語るのは失礼である。

教科書通り事を進めてもうまくいかないのは技術の常であり、やはり多くの経験(それも失敗)とノウハウに勝るものはないのだ。

結局、匝が悟ったのは
飲んでおいしければよく、できればそのお酒がどのように作られているか知りたい
というところだろうか。ワンカップや紙パックのお酒だっておいしいと感じればいいし、それがどうやっておいしく作られているのか分かって飲んでいれば、お酒にとっても幸せであろう。
下手すれば、お安いお酒を高級なラベルが貼られた一升瓶に入れて飲ませれば、そうそう気付かないんじゃないかって思ってます。それだけ人間はブランドに弱い。だからブランドにこだわらず“おいしければよい”と考えているんです。

「お酒と言ったら純米ですよ」というご意見もあった。匝も昔はそうだった。交じりっ気のないお米から作った酒こそが本物という考え方。三倍増醸酒なんてとんでもない(これは今でも変わらんか)。

でも吟醸酒が好きです。飲み口よく、とてもおいしい。しかし醸造用アルコールが添加されている。だからまがいもん、というわけではなく理由があって入れてある(純米吟醸は入っていない)。
あの独特の香り(吟醸香)を出すためと発酵を停止するために少量添加される。だからなんでもアル添がいけないというのは間違い。

もっとも吟醸酒は高級(せっかくのお米の半分近くを捨ててしまう)で吟醸香が大切なのに、熱燗にするのはもったいないと思っていたが、実際に花籠のご主人の勧めで飲んでみたら結構いけたってこともあった。こういう楽しみ方もあったのかと。

純米酒は味が濃いように感じる。そして冷でも燗でもなんでもいける。お酒の個性が強い。そういうお酒だと感じます。ま、嗜好品ですから人それぞれでよく、自分の価値観を押し付ける必要もないのですが。

米から作ったお酒こそが日本酒だ、とすると「米だけで作ったお酒」は当然、その人にとっても満足する日本酒になるはずです。しかし“純米酒”でない“米だけで作ったお酒”という謎が生まれ、ひとつの価値観で日本酒は語れないことがわかると思います。そしてそのお酒がどんなお酒か知らずに飲むのと、知って飲むのとでは、やはりその人の価値観的な意味が違うはず。

そういう意味で「飲んでいるお酒のことを知って」その上で「おいしければいいじゃん」という匝スタイルになったわけです。

ま、むずかしいことはともかく、楽しく、おいしく飲めることが大切なんですよ。

※そういえば永井酒造さんのタンクはチタン製といっていたがなぜだ?それを確認しなかったのは、今回の試飲会で悔やまれることである。チタンといえば加工が難しく、金額も高い。腐食を避けるにはステンレスで十分と思うのだが…
(ちらっと調べると、長期醸造中に金属イオンの溶出を避ける意味があるらしい。そこまでこだわるのか)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1946-03c05c33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。