FC2ブログ

成型肉 

決して成型肉が悪いということではないので念のため。
ただし消費者としてはもっと賢くなるべきだと考えている。承知して買ったり食べたりするのと、知らないで買ったり食べたりするのでは全然違うと思うからだ。

というわけで成型肉である。

最近では腕をあげたのか本物と見分けが付きにくいものもある。まして本物の肉をみたことがないと成型肉(加工肉)なのか、サーロインなのかわからないだろう。これは味や食感にしても同じ。

成型肉は安いが固い部位や精肉時のくず(切れっぱし)や内臓などを寄せ集め、軟化剤や結着剤、牛脂などを入れて加工・成型した肉だ。スネ肉やモモ肉(特に肉牛ではなく廃乳牛など)からいろんなお肉、バラ肉風やサーロイン風の肉を作る。これは本来のサーロインなどに比べ安い。匝の家は肉屋だったこともあり食べると不自然さを感じるが、承知して食べれば代用肉としてはいいんじゃないかな、と思う。これを本来の肉と勘違いして食べている人を見るのは忍びないが。

スーパーなどでは加工肉(成型肉)のラベルがあると思う。なければ本来の肉となかなか見分けられないし不当表示である。いかがなものかと思うのは外食産業だ。メニューでは成型肉だとわからないのだ。添加物表示もないしなぁ(唯一アレルギー物質表示くらいか)。

ところで外食産業でのアレルギー物質表示で?と思われるはずなことがある。
ステーキなのにアレルゲン“乳”とあると、結着剤としてカゼイン(牛乳の膜になるもの)が使われているのではないかと考えてしまう。結着剤が使われているということは成型肉と考えてしまうわけだ。

匝は有名焼肉チェーン店には行かないし(あれが旨いとは感じない)、練り物は好まない(ハンバーグや蒲鉾など)が、それは成型肉云々というよりも食感と味が合わないという理由だ。わかっていて食べていればだまされたということにならないでしょ。消費者もちゃんと理解し、販売する人もちゃんと表示することで解決できそうなんだがなぁ。

成型肉だからこその食中毒には驚きましたけれど、加工法を知っていればなるほどと思えます。

下の動画の社長は偉い人だと思った。あとは消費者が偏見を持たずに賢い食生活ができればと思います。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1951-4572d7a1