スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学卒業式辞 

スティーブ・ジョブズとは、米国アップル(旧アップル・コンピュータ)の創業者兼経営者だ。
アップルは創業以来魅力的な製品を発表しているが、一時的に苦境に陥ったことがある。パソコンAppleIIの後継機AppleIIIとLISAの失敗。そしてMacintoshの初期の販売不振はジョブズが原因であるが、その後ジョブズ退任(クビ)後復帰するまでの鳴かず飛ばずは集団経営によるものだったろう。

魅力ある製品を開発することにかけてはジョブズは適任だったろうし、さらに魅力的な人だ。個性が強いために一緒に働くとまわりが疲れてしまうとか金勘定が下手というのも、年齢と共におとなしくなっているようである。

2005年6月12日にスタンフォード大学で行われたジョブズによる祝賀スピーチ。
なかなかいいことを言っているようなので視聴してみた。
ここで3つの話をされた。要約すると以下のようになるかと。

1)点と点をつなぐ
人間にできることは人生を振り返って過去の点(体験や経験)をつなぐこと。そして今バラバラと思えている点と点は、将来必ずつながっていると信じること。それだけで己の心の赴くままに生きていくことができる。人と違う道を進むことになってもそれは変わらない。

2)愛と敗北
自分が本当に心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ“自分が素晴らしいと信じる仕事をやる”。まだなければ探し続ける。落ち着いてしまってはいけない。見つかるとピンとくるもので、また恋愛と同じで年を重ねるごとにどんどん良くなる。

3)死
今日が自分の最後に日だとして今日の予定は本当にやりたいことなのか、という自問に“NO”の日が続くと何かを変える必要がある。

そして自分が常に死と隣り合わせであることを忘れない。そうすれば重大な選択を迫られている時に大きな手がかりとなってくれる。人からの期待、己のプライド、屈辱や挫折の恐怖、何かを失ってしまうなどいう思考の落とし穴は“死”の瞬間に消え去っていき残るのは本当に大切なことだけ。

だからしがらみなく自分の心の赴くまま生きてはならないという理由は何もない。
人生の時間は限られているほかの人の人生を生きている暇はない。大勢の意見に自分の内なる声、心、直感をかき消されないこと。内なる声、心、直感は本当にないたいことを知っている。

そして絞められた言葉は
「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ」

ジョブズは実際にガンになって死に直面したことがある。幸い手術は成功したものの今でも体調は万全とはいえないようだ。さらに青年期にはヒッピーにように自分探しをしている。そしてたどり着いたのは“禅”の世界のようである。

こう彼の人生をみてみるとこのスピーチで語られていることは“因果応報”、そして“無”だと思う。
また“死”のところでは彼なりの悟りが語られているように感じる。自分を縛りつけているプライドや他人の目など“死”の前ではまったく無意味であること。そういうしがらみがなければ、自分が本当にやりたいことができる。そして本当にやりたいことは素晴らしい仕事をやること、ということなのだろう。

この仕事とはどういうものなのか。
無名であっても誰かの役に立つ仕事ということではないかと考える。
ジョブズは一例としてパソコンのフォントを挙げているが、彼の体験がなければ少なくともマッキントッシュにフォントは搭載されない。そうなればウィンドウズはマックのパクリだから(笑)、この世のパソコンには1台もフォントを搭載したパソコンは存在しなかっただろう、と語る。

こう聞くと名もない匝でも何かしら世の中に残すことができそうに思える。
そのためにも“Stay hungry, stayfoolish”でなければならないのだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1959-96a3ab8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。