スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発熱の記録 

11月15日
 夕方 帰国
11月16日
 朝 さすがに疲労感があったが、午後からなくなる。
 午後、上唇にショワショワした感覚を感じる。 
 夜、飲酒
11月17日
 朝 体調良い。上唇乾いているわけではないが、ショワショワした感じ。
 昼 怪しい咳がでるが、咳き込むほどではない。
 夕 軽い頭痛。体温は36.4℃。
 夜 パブロンの服薬。
11月18日
 朝 節々が痛いく熱っぽい。わずかに咳が出る。今日は通院日だがどうしたものか。
 5:40 体温37.6℃。
 6:20 体温37.3℃。
 8:00 体温37.6℃。下がることを期待したがダメだった。
 9:00 病院へ 悪寒などないことを伝えると“風邪”との診断。キットによるインフル検査はしなかった。 痛いと噂の長い綿棒をみることはなかった。もらった解熱鎮痛剤を服薬。
 10:00 会社休む旨、小田原へ電話。市大病院へも電話して本日の予約をキャンセル。
 昼 昼食は水炊き 食欲はほどほどにある。たまに咳がでるだけだが、耳鳴りと軽い頭痛。
 体温37.6℃ 服薬
 17:00 体温37.9℃。うっすら寝汗。節々痛い。インフルエンザの症状とは違う。
 夕食は水炊きの残り。食欲はある。
 19:00 体温37.9℃。服薬。
11月19日
 1:30 体温37.4℃。
 5:45 体温37.4℃。熱による頭痛。血圧が下がり、脈拍が70くらいなのに105もあった。服薬。
 これでも解熱鎮痛剤が頑張っている結果としたら、服薬しなかったらどこまであがるのだろう…。
 昼 おかゆ。体温36.4℃。頭痛ひどい。
 夕 食欲はほどほど。ナス四川風炒め。体温37.0℃。会社から電話。
 23:30 36.9℃。微熱続く。寝すぎなのか身体が痛い。
11月20日
 5:10 体温37.4℃。微熱が取れない。身体の痛みも寝すぎか、熱か、ようわからん。
 朝 食後服薬。体温36.7℃。咳は少し出る。髪をひっぱられるような頭痛に悩む。小田原へ出発。
 昼 きしめんを食べる。鳥モモきしめんは300円増しだがそれほどの価値はない。平熱。
 18:45 帰宅。37.6℃。やはり夕方は体温があがるかぁ。咳もでてきたし、長期戦?それは勘弁。
 もっとブログをちゃんと書きたいのだよー。日中続いていた頭痛は治まった。
11月21日
 朝 体温36.7℃。やや倦怠感と熱っぽい感じ。咳がでるが、もう少しで治りそう。服薬。
 昼 体温36.4℃。夕方に37℃超えなければ明日には完治か。ただ軽い咳がでる。服薬。
 19:00 体温37.0℃と微熱。まだ完治ではないか。熱が下がっていても熱っぽい気分ではあった。
 夕 痰がからむようになってきた。次のステップへ進行中?
11月22日
 熱は下がるが、体調は今一つ。痰がやや絡み咳が出る。この日で薬が無くなる。
11月23日
 就寝中に寝汗。これでほぼ完治のサインとみてよかろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1980-3d17a82e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。