スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレ その2 

消費低迷につづき、為替要因もデフレに大きく影響を与えている。

大量の在庫→安売り→赤字経営→賃金カットや解雇→所得減少→モノが売れなくなる→安売り→赤字経営…つづく

という連鎖の輪から外れていた輸出関係。日本国内で誰も買ってくれないなら外国で買ってもらえば良い。という作戦も近頃の円高でまったくの効果がない。

円高ということは、相手国からみれば高い買い物をすることになる。同じような製品で日本製を買うか、○○製を買うかであれば安い国の製品の方がいいに決まっている。仮に日本製が性能がよくっても、あまり高ければ数は売れなくなる。

逆に日本国内では、国産のモノよりも輸入品の方が安くなることもある。そうすると国産のものは買わず安い輸入品を買うことになり、ますますデフレとなり国内企業はより厳しいものとなる。

製造業の場合、製造原価にほとんどは工賃なので(仕入れた部品にも加工賃が含まれている)、工賃の高い日本で作るよりも工賃の安い国で作った方が販売価格を下げることができる。世界的に販売している企業の場合、日本の工場を閉鎖し他の国に移転することも検討するだろう。まさに負の連鎖である。

さてこれを食い止めるためには円安にすることがよい。そのためには政府や日銀が為替相場に介入し、円を売ってドルを買うなどが行われればよいのだが実際には行われていない。今はどの国も自国通貨を安くしたいわけで、日本だけ行っても影響力が少ないし、逆に他国も介入しだせば自由貿易は混乱してしまうだろう。またアメリカ経済が不安要因なのでドルを買ってもなぁ…ということもありそう。

前にも書いたが現金預金を持っている人は、低金利ではあるがデフレで物価が下がっていることから実質的な金利はプラスである。もっと安くなってから買えばお得なわけだ。そしてこれが消費低迷につながっている。

じゃ、預金にマイナスの金利。つまり資産税や預金管理費をかけるというのはどうだろう。年1%で預金が減っていくとか。すると銀行から預金が減少し、消費にまわ…らず、タンス預金が増えるだけか。

なかなかうまくいかないな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/1996-9752c78d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。