FC2ブログ

いのちの食べかた [DVD] 

いのちの食べかた [DVD]
いのちの食べかた [DVD]
おすすめ平均
stars斬新とは言い難い
starsいただきます。と、ごちそうさま。の意味
stars食べることは罪か?
stars自分で動物を殺せないのなら、せめて、殺されている映像だけでもみてもらいたい
stars情報にどっぷり漬かって暮らし、なんでも知ってるつもりの私たちは、鶏の絞め方さえ知らない・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画本編中には音楽やナレーション、字幕による解説など一切ない。
ただ食糧生産の現場の日常が延々流される。

そこには消費者が接する機会のない生産現場の世界が広がっている。

大規模生産に従事する人たちは、いわゆる工業品と同じように分業化され黙々と働いている。オートメーション化されたラインは、生けるモノをはじめらから食べるモノとして扱っているようだ。誤解のないように言うが、別に批判しているわけではない。これが実際の日常なのだろう。

私たちが何気なく食べたり残したりしている食糧は、多くの人の手を経て届けられている。そしてそのためには“いのち”の犠牲があってのことなのだが、そこは私たちの知らないところで行われているのだ。

いや、薄々知っているのに知ろうとしていない。

多くのみなさんが書いているような感想以外を述べよう。基本的に感じ考えることは一緒だからだ。

まず、映像がきれい。画質の問題ではない。シンメトリーになっていることが多い。また動きを一つの場面で分かるようになっている。そしてカメラが固定されていることが多い。解説にもあったが、写真のような構図で撮っているのだ。映像のアングルに気をつけて観てみるのもいいだろう。

次にラインの美しさ。ヒヨコがベルトコンベアで流れていく様は壮観である。
またサケの加工ラインのすばらしさ。ふくらませ、腹を切り、内臓を吸い取る。むむむ、こんな風にうまく作れるものなんだ。
ただ心情的にはヒヨコや若鳥が運ばれお肉になるまでモノ扱いされているのだが、実際そんなものなのだろうか?日本の場合はどうなのだろう。

生産現場を誕生からお肉まで描いている。豚ならPIGからPORKへ。いやいや出産からお肉まで。
お肉に興味が行ってしまうが、野菜やくだもの、そして岩塩の生産現場も含まれている。

観る時は解説を読みながらがいいだろう。何をやっているのかわからない時があるから。知らない世界を知るきっかけになるはず。

映画:いのちの食べかた
予告
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/main/wmv/movie.asx

公式サイト
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2039-83b0ac3d