FC2ブログ

初詣とおみくじ 

姪と甥の襲来である。屋内で遊び、昼食の後、毽子とメカトンボで遊びに公園へ。河原では風が強いと思いまして。
100103c.jpg
毽子は主に匝妹と匝の戦い。毛羽根を足で飛ばし合うのだが、まったく続かない。蹴っても相手が蹴り返せないし、後半に至っては自分自身が空振りしたりで疲労困憊。周りで遊んでいた子供たちが遠巻きで眺めていた。
100103d.jpg
メカトンボは購入したまま出動は1回きりでしたが、今回本格的に遊び倒すことができた。風はややあったものの飛行ができないわけではなく、姪と甥も段々と上達し地面すれすれのところから木に引っかけるくらいの高さまで持って行けるまでになった。周囲のお子さまの注目度は高く、特に小さな子は近付いていくほど。

これがですね、意図しているわけではないのだろうが人の方によく飛んでいくのですよ。匝も追いかけられたり、操縦者の方へ向かってきたり、近くのお子さま目掛けて特攻したり…。十分な距離を維持しておきながら、なんでわざわざ人のいる方に飛んでくるのか(?)

少しわかったのはある程度飛ぶと、電波が届かなくなって落ちるらしく操縦者はメカトンボを追いかけるのがよろしい。うまくラジコンでコントロールしているのだが、傍目に見ると電波以外の何かが、甥っこ姪っ子の額から力のこもったビームのようなもの(飛んでけオーラ?)が出ている気がした。

いやはやまったく、ご近所のみなさんにはお騒がせいたしました。キャベツ畑がなくなっていたのは残念ではありました。
100103e.jpg
いったん家に帰り諏訪時神社で初詣。
破魔矢と子供らには交通安全のお守りを買った。そうだ、おみくじも匝が払っているのだが…。
100103f.jpg
おみくじは“吉”。
「辛いことや苦しみのために幾夜も眠られぬことがあるかも知れませんが、心に神様を念じつつ短気を起こさないで辛抱強く月の満ちる時を待って招福繁栄の神様のお恵みを授かりましょう」

枕を涙で濡らす夜もありそうだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2044-7faf4922