FC2ブログ

油壺マリンパーク 

昨日は姪っ子と甥っ子、そして母である匝妹を連れて油壺のマリンパークへ行った。

いやぁ、大変でしたね、渋滞が。帰りなんか、20分もあれば油壺から京急の三崎口駅までバスで着くはずが、1時間20分もかかりました。それから風も強いために油壺と城ヶ島を結ぶ観光船は欠航してしまいましたし。

マリンパークもお子様向けの遊戯施設が増えたり、レストランができたりと、少し変わってた。
お食事は鮪漬丼。前に食べた時はとてもおいしかったのですが、今回はいまいち。残念…。水族館自体は相変わらずの規模。

子供らは着くまでの長い道のりでぐったりしてましたが、ペンギンを見るなり復活。ずっと見てましたね。マリンパークにいるペンギンはイワトビペンギンで、目が赤く、黄色い眉毛のような飾り羽がすてきです。
pen.jpg

甥っ子に言わせると髪の毛なんだそうだ。濡れると髪の毛がなくなるねぇ、なんて言っていた。マリンパークのイワトビペンギンの話題としては卵を産んで孵化したそうで、巣の中をそっと覗ける仕掛けになっており、匝も覗いてみると子ペンギンの姿は見えなかったもののキリリと直立していた親ペンギンの股辺りに何やらいる感じ。姪っ子も甥っ子も大満足。

水族館入り口脇には、鮫肌を体験できるというネコザメと思われるサメの入った水槽があって、ちょくせつ手を入れて肌を触れるようになっています。甥っ子は逃走したものの、姪っ子は手を突っ込み触りながら「ザラザラしてるぅ」と何やら発見したよう。その後、カメラを向けると尻尾をつかんでいかにも獲物を採りましたという感じでピースまでしようとするところは大したもんだ。ネコザメのご機嫌が斜めにならないかハラハラしたけどね。

逃走した甥っ子は、隣の水槽のヒトデを捕まえて観察。姪っ子も気づいてヒトデを捕まえ裏返しにして指でつつく。「痛い」とかいってましたが、なんか刺されたのかね?ナマコには手を出さないので、これまた大き目のヤツをひっとらえて姪っ子に渡すと「気持ち悪い」とか。プニュプニュした感じで、いやぁ中華ではおいしいんですよ。なんでこれがナマコ酢だとコリコリするのかね?黒いとげのようなものが脇に並んだナマコなんか、もしかしたら黒いダイヤといわれるナマコかも。
iruka.jpg

そうそうイルカも可愛かったですね。水槽窓からイルカが泳いでいるところをみたあと水槽の上にのぼり、イルカが顔を出したり潜ったり。その後何回かのジャンプに歓声があがる。もっとも姪っ子は水しぶきをかぶってご機嫌斜めに、ココが濡れたとスカートの一部を指差して主張。「はいはい…」とあしらっていたら濡れているから触ってみろとまでいわれてしまったよ。

ま、そんなこんなで楽しいひとときでした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/216-04f2968a