FC2ブログ

イモリの天気予報 

5:50現在、イモリ水槽の水温は13℃。うぅっ、さぶい。暖房を入れる。ここ2、3日は天候は荒れるらしい。
パスターズのうちめずらしく、弱虫ボンゴレが水槽を這い上がろうとしていた。ナポリは水面から頭を出し、残るカルボは石の間に頭隠して尻隠さずでいらっしゃった。寒いながらも皆さん元気。

さてさて、昨日書きかけて終わってしまった湿度とイモリの関係。湿度に敏感というのは、雨天に敏感ということと同義であるらしい。
有名なのは1985年に高巣くん当時小学6年生の自由研究を本として出版した「イモリの天気予報」。イモリとの出会いから育て方、そして水槽を上がったり水中にいたりするのに気づいて、天気と関係がありそうだと観察したことが書いてあります。実際図書館で読んでみましたが、なかなかいい自由研究をなさってます。そんな彼ももう30代なのかぁ。

それはいいとして、イモリと天気との関係がわかりやすく解説してあるサイト(イモリ全書さん)を発見。

高巣くんの影響なのか“所さんの目がテン”でも実験が行われて、みごと気象庁と同率の的中率だったそうな。

今年の夏には鳥羽水族館でも“カエルとイモリの天気予報水槽”なるものが登場していたみたい。結果のページってあるのかな?

でもうちのパスターズは見るからにダメダメそう。カルボは水中にいる時が多いからなぁ。三者三様でどうすりゃいい?


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/22-e739a9d4