FC2ブログ

国際宇宙ステーションの通過 

7月14日20:17-20:20、南西の空に国際宇宙ステーション(ISS)が通過しました。

あいにく西の空には雲がありましたが、明るさが強くなる後半は雲に邪魔されずにしっかり見ることができた。今回はコンデジ(ニコンP5100)で動画を撮った。

動画初めに土星もしくは金星が映っています。この方角からISSが出現すると思ったのですが、雲に邪魔されたか、もしくは太陽位置の関係でそれほど明るく見えなかったのかもしれません。

出現時刻から2分経過する頃、南の空に明るく動く点を発見。点滅していないので航空機ではありません。ゆっくりと西から東へと移動しているところに急ぎカメラを向けます。

三脚を使って横方向にISSを追いかけますが、ISSは段々と下に降りていきます。
100715a.jpg

もうマップを見ることができないのですが、この日のISSは関西上空を日本海側から太平洋側へと通過したのだと思います。晴れていれば奈良だと北西から天頂、つまり頭の上を通過して南東の空へ消えていくのが観察できたかと思います。

ISSは高度約400kmのところを秒速7.9kmで地球を周回しています。秒速7.9kmだと地球を約90分で一周する速さです。これくらい速いと地球の丸みとISSが落下する放物線が同じになって、結果的に地球表面に落ちてきません。

あと400kmという高度が、地上で夜になっていても太陽がISSを照らすことになるのです。ただ地球の影に入るとみえなくなるため、夜の出現時には地平線の向こうへに消える前に影に入って見えなくなります。朝方の出現時には地平線からでてくる頃ですね。

また太陽の光を受ける角度によってもみえません。夜の出現時は太陽の光を受ける後ろ側からISSをみることになるため、反射する光が少ないのが原因だと思います。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2212-3f765db3