FC2ブログ

土用の丑の日で蒲焼きと蒲鉾を調べる 

100726d.jpg
今日は花籠さんでうな丼を食べてきた。うなぎを食べたいと思い続けて2週間くらいが経ったかと思うが、ようやく食べることができました。

そもそもランチが丑の日うなぎランチだったのだが、普通に弁当を頼んでしまったのだ。
もっともそのランチも昼休み中、社長と話し合いがあったがために昼休み終了3分で食べねばならなかったのだが。

ツイッターで鰻ディナーができるとのことだったので、ひさしぶりに行ってきたわけ。

そういえばツイッターでも話題になったが、蒲焼とは「蒲(がま)の穂」のように焼いたものをいう。そういう意味では蒲鉾も魚のすり身を棒に「蒲の穂」の様にくっつけたからだ。まさに蒲の穂を矛(鉾)に見立てた。竹輪はそんな蒲鉾から棒を抜いたもの。

さて正当と思われるウナギの蒲焼はぶつ切りにしたウナギを縦に刺したのだが,皮とか見た目とか脂っこいとかいろいろあって、そんな食べ方をやめてしまったのだろうと想像する。

そうそう土用の丑の日にウナギを食べることになったのは、江戸時代に売れないウナギやから頼まれてキャッチフレーズを考えてもらいそれが当たったからだそうだ。まるでバレンタインデーのチョコの話みたいだ。話に乗せられて数百年。ここまでくると習慣とは恐ろしい。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2225-91e1d8cd