FC2ブログ

タコ墨、イカ墨 

イカスミのスパゲティを食べて「舌が黒くなった」と騒いだ方もおられるだろう。

ふっと気付く。イカスミ料理は他にも塩辛とかあるのに、タコスミを使った料理はとんと聞かない。

イカとタコのスミの使い方を確認してみる。
100801a.jpg
タコは何者かに襲われるとスミを吐くが、これは煙幕のように水中を広がり自分の姿を一時的に隠し、あとはお得意の隠遁の術で周りに風景に溶け込んでしまう。

イカも何者かに襲われるとスミを吐くが、水に広がらず、まるでホーンのように長い円錐を描く。これによって敵にもう一匹イカがいると勘違いさせている間に逃げる。つまり変わり身の術。

このスミの広がりの違いは、粘り気の違いらしい。
粘りのあるイカスミはパスタやその他の食材によくからむのだが、水に広がるタコスミは水っぽく食材にからまないまま下に落ちてしまうようだ。

またイカは変わり身としてスミを吐くが、スミだけでは騙しきれないためか旨み成分が含まれている。敵はイカに似た黒い影を見る上においしそうな香りがするためそちらに気をとられるのでその隙に逃げ切る作戦。

そしてここから類推するに
1)イカスミは旨み成分が含まれているので、おいしい。
2)イカスミは粘り気があって食材によくからむ。
という美味しい結果になります。

タコの方は
1)旨み成分がない(それどころか微弱な毒が含まれているとか)
2)粘り気がないためムラが生じる(加熱すると固まるという説も)。
さらに、そもそもスミ袋が小さいのでそれほどスミが取れないそうだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2226-179bf275