スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松町駅の小便小僧 

知る人ぞ知る、浜松町駅山手線外回り兼京浜東北線南行ホーム品川寄りにひっそりと小便をする小便小僧。
まずホームにあること自体不思議である上に、結構元気のいい小便なのである。
100926a.jpg
以前より気になってはいたがわざわざ用もなく浜松町駅のそれもホームの端まで行くことはなかったが、本日意を決して行ってきた。

京浜東北線2本待つ間に3人くらいが見に来たり写真に撮ったりと…意外と人気があるのだな。

さてこの小便小僧、もっとも気になるのはいつも何かしら着ているのだ。本日はお祭り仕様。カワイイ団扇を背に気持ち良く小便中。
100926b.jpg
由来はというと足元に碑があった。

「この像は昭和二十七年十月十四日鉄道開通八十周年を記念し、歯科小林 光院長より寄贈されたもので、平和と愛のシンボルとして、色々の儀式行事等には大礼服や様々の衣装を全国に人々や小便小僧友の会から送られて、広く愛されております」

そうだったのかぁ。

デリポタにもこの小便小僧の記事があって、服を着るきっかけが書いてあった。

『服を着るきっかけになったのは、寒い冬のある日に、ひとりの少女が手作りの帽子をかぶせてくれたのがきっかけ。』

あぁ、冬のホームは寒いしなぁ。それに素っ裸だし。
そういえば江ノ電江ノ島駅前にある車止めの小鳥のオブジェにも衣装を着せている方がいらしたが、こういうの見ると少しホッとしますね。

たまに身ぐるみ剥いで衣装を持ち去る人もいるようで、そういうことはやめてください。

本家ブリュッセルの小便小僧の名前は「ジュリアン」。なぜまた小便をしているかというと、昔ブリュッセルの城壁を爆破しようと敵が爆弾を仕掛けて導火線に火をつけたところ、ジュリアン君が咄嗟に小便を掛けて消化し町を救ったのが由来なのだそうだ。

あぁ、宇宙服とかJAXAやJAMSTECの作業着を着せてやりたい(笑)

デイリーポータルZ:JR浜松町駅の小便小僧の謎

港区社会福祉協議会:JR浜松町駅 小便小僧ギャラリー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2266-861eff6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。