スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナッちゃん 1 (ジャンプコミックスデラックス) 

ナッちゃん 1 (ジャンプコミックスデラックス)
ナッちゃん 1 (ジャンプコミックスデラックス)たなか じゅん

おすすめ平均
stars創意工夫のココロ、あります
stars著者の努力に敬服
stars最高の本です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出来るかどうかを考えるんやない
どうやったら出来るかを考えるんや!
それが工夫ちゅうやつや


鉄工所を営む父が亡くなったことをきっかけに、元々モノづくりが大好きだったナツコが家業を継いだ日常を描いたマンガ。
モノ作り系の人たちとのツイートで存在を知った。店頭にはなぜか置いてない。

モノづくり系によくある技術重視ではなく、モノづくりは詳しくはないが少し関心がある人でも十分楽しめるストーリーだと思う。著者も関西人であるのでボケとツッコミも十分だ。ちょっとファザコンだけど。

とはいえ中身は濃い。軽いテンポで話は進むが日本のモノづくりの問題とか社会からの偏見、モノづくりの楽しさとビジネスの厳しさ。それら現実の現場をエンターテイメントにしつつも作品に織り込んで違和感を感じさせないのは作者の力量だと感じた。ま、快刀乱麻を断つがごとく、モノづくり現場でお困りのことを解決してしまうのはややご都合主義だがエンターテイメントですから(笑)

あらすじは紹介しません。全21巻+東京編3巻ですが、興味あれば1巻だけでも手に取っていただきたい。
一言書き添えるとすれば、作中の同業者のおっちゃんが
「こういう機械中のは五年くらいで壊れるように作っておくもんなんや」
「ほな、五年に一度は確実に修理の仕事が入るやろ?」
この言葉は非常に重い。倫理的には丈夫で長持ちする機械を作るべきだ、しかし…

そうそう工業系の学校や一部企業では全巻揃えているところもあるとか。

先にも書きましたが、問題解決のための工夫やアイデアが多く描かれていて関心したが、実際の現場で使えるとは限らない。これは作者もあとがきなどで書いているがあくまでエンターテイメントとして楽しんでほしい。匝が読んでもここはこんなことしないよなぁ、と感じるところがある。1巻だとエピソード4のオルダムとか。

それにしてもわが社にもひとりナッちゃんほしいな。現場メンテナンスの素質十分だ。

しゃあないな!
ほな、また頑張るか!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2285-0ffae365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。