スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と金星の夜明け 

1月2日6時頃の東の空。日の出は6時50分頃で薄明が始まる頃。
月はまもなく新月となる下弦の三日月。太陽の光のあたらない部分も地球照でうっすらと見えるところが美しい。
月の右上に輝くのは金星。
写真はすべてクリックすると大きくなります。
110102b.jpg
さぁ、月のあたりをよくみてみましょう。
先ほども書きましたが月の影の部分は、陽のあたる地球の照り返しを受けて地球照としてうっすら見えます。月のすぐ右にはさそり座のアンタレスがかろうじて輝いているのが見えることでしょう。
月の左こぶし一つ分でしょうか、写真の鉄塔あたりにかがやく星は水星です。
残念ながら雲に隠れて見えませんでしたが南の空には土星も見えていたはずです。
110102a.jpg
おまけで日の出前の月と金星をメインにパノラマを撮ってみました。中央の色合わせに失敗したのが残念。
110102c.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2304-196311d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。