スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物の毛 

先日、ツイッターで「ウサギの毛は中空」という呟きを見かけた。
そういえばホッキョクグマも毛はストローのように穴が空いていて(中空)、どこぞの動物園では毛の中に藻が入ってしまい、シロクマがミドリグマになってしまったという記事を思い出した。

47NEWS:緑に染まってもシロクマ 原油高で節水、藻が発生
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090601000442.html
その後ツイートは続き、カモシカとシカは毛が中空か中空でないかの違いがある、という話も出てきたので俄然調べる気がおきた。そしてググってみると…


国立科学博物館:観察4:いろいろな動物の毛
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/scicom/bank/002/sec4/sec4p1.html
ヒトとイノシシには空気の層がない。ウサギは断面が円形ではないようだ。
寒いところと暖かいところでは毛の性質が違うのだろうか。


毛製品検査協会:獣毛について
http://www.jwif.org/cashmere.html

こちらを読むとアンゴラウサギとアルパカの毛は中空だが、カシミヤ山羊や羊は特に触れていない。
いろいろ調べるとラクダも中空とあった。寒いところというよりは中空の断熱性が働く地域の動物にあるのだろうか。

そういえばハリネズミの毛も中空だってツイートがあったな。
動物の毛、奥が深い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2319-fa40eb31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。