スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着脱式手動運転補助装置 

“おおた工業フェア”で出展されていた小さなカートみたいな乗り物。
よく見ると下肢障害者向けの補助具だった。製品名は“SWORD(ソード)”というらしい。この青いカートではなく、黒いハンドルとアクセル周りの製品ね。
110205_11.jpg
この補助具は足の不自由な人でも自動車が運転できるように、また、大掛かりではなく着脱可能にしてひとつで複数の自動車で使用できるようにしている。

運転者は飛行機の操縦桿よろしく操作するグリップを股の間にあるように装着する。

操作は次のようになる。
1)加速(アクセル)はグリップを引く
2)ブレーキはグリップを押す
3)ブレーキを踏みっぱなしの状態にするにはグリップを押したまま捻る
という操作で加速・減速ができる。
110205_12.jpg
写真が見えづらいけれど、ハンドルにもグリップがついているのがわかるだろうか。
片手は加速・減速のために常にあるため、ハンドルは片手操作になる。そこで片手でも運転しやすいクルクル回る握り玉のようなものをつけて容易に運転しやすくしたようだ。
110205_13.jpg
都会はともかく地方の自動車がないと生活が難しい地域では身障者の自立のためにもこのような製品が役に立つのだろう。活動の場が増え、社会に貢献できるようになれば本人にも社会にもよいことだと思う。

ちなみに製品価格は、198,000円とのことだ。
障害の対象は脊髄損傷レベルC7以下の下肢障害者だそうだ。

車椅子deドコデモ:SWORDとは
http://www.isudoko.jp/free/sword/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2327-e73065a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。