スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンフォニー オブ ユニバース 

5月7日雨の中、葛飾区にあるお花茶屋へと向かう。
なんともかわいげな駅名であるが、普通の町でお花畑も茶屋もない。

某所へ向かう遊歩道にいきなり現れた田んぼ。それもちゃんと田植えも終わっていた。
その向かいにあるのが目的地、葛飾区郷土と天文の博物館だ。
110507_11.jpg 110507_12.jpg
ドーンと大きいドームはプラネタリウム。裏には太陽観測望遠鏡や普通の天体望遠鏡のドームなども見えた。

2階は郷土博物館。古墳時代から江戸時代までの歴史、特に葛西城についてのコーナーがあったり、農機具など郷土のくらしのわかる展示物がある。昭和30年代の家や工場なんかもあった。

3階は天文展示室とプラネタリウム。天文展示室はいまひとつだったかなぁ。
110507_13.jpg
1階から3階の天井まで振り子が吊ってある。フーコーの振り子だ。
振り子を振るとその方向にずっと触れ続ける。すると地球自転にも関係なく揺れるとどうなるか。我々は地球と一緒に動いているのだけれど、振り子が自転に合わせて少しずつずれていくように見えるのだ。
110507_14.jpg
少しずつずれてピンを倒していく。一周するのに41時間…あれ?24時間じゃないんだ。

博物館:どうして振動面が24時間で1回転しないのですか?
http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/permanent/foucault/

110507_15.jpg
外には日時計が…

ん?何しに行ったのかって?
それはプラネタリウムを見に行ったのさ。
110507_16.jpg
ここのプラネタリウムはすべて博物館オリジナル。
全天球デジタル画像の迫力はすごく、音楽や解説など交えて迫力ある映像が楽しめる。

この日観たのは「シンフォニー オブ ユニバース」

ボイジャーはじめ惑星探査機と共にクラッシックを聴きながら太陽系の惑星を巡る旅を体験できる。


意外と空いているのでお近くなら一度見るのもいいかもしれない。

葛飾区郷土と天文の博物館
http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/index.php

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2379-fb83c7a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。