スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームの自然採光 

先日、足利に行く際にJR武蔵小杉駅で延々と横須賀線ホームの連絡通路を歩いていて気付いたこと。

屋根の一部が透明な屋根に張り替えられていた。
110520a.jpg
東京電力管内は目下節電中。どこの駅も暗い。建物が密集していることもあって昼間も照明をつけていることがあるのだが、なるほど。これは自然採光という意味で今まであってもいいアイデアだったのでは?
110520b.jpg
もっとも南武線のホームはこのようになっていない。汚れとかデメリットもあるのだろうが、工夫できるところはがんばって日頃から省エネに努められるような社会にしたいものだ。

“スイッチ”入れれば電気がつく社会。

でもちょっと見直してもいいんじゃないかな。
(昔の人は、蛍の光や窓の雪で書物を読んでいたのだよ…本当かな)

スポンサーサイト

コメント

夏が来ればわかりまする(T_T)

Re: タイトルなし

> 夏が来ればわかりまする(T_T)

そこは創意と工夫で(^^;;
クリアな樹脂でなくスモークがかった樹脂とか、なんかいろいろありそうですけれど。
直射が厳しい時は、間接照明風にするとか。うーむ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2390-5eb4a822

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。