スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生、アカヒレの赤ちゃん! 

会社にあるベランダ・ビオトープ。コンクリートをこねるトロ舟だ。
最近放置気味なのだが、そこに社員が何かがいることに気づいた。

それはアカヒレの赤ちゃんだった。
110606a.jpg
もともとアカヒレは5匹以上いた。その後、鳥などに狙われたのか数を減らしたため10匹を追加したものの、昨年の猛暑で迷惑なサカマキガイと共に数が急減。かろうじて3匹が生き残ったが雪に埋もれたりとなかなか厳しい中をくぐりぬけたアカヒレは産卵していたんですね。

ミジンコのように小さなものから5mmくらいに成長した稚魚までワラワラといました。
すべてが大きくなるとは思えませんが、成長が楽しみです。

写真になかなか収められなかったので、動画で撮影してみました。コンデジの動画機能なので画質は今ひとつですが…。

ちなみに底にある茶色のモコモコはサカマキガイのフン。そろそろ吸い出すことも考えていたのだが、稚魚がいると一緒に吸い出してしまいそう。サカマキガイのおかげで藻は生えないのだが…、このフンはどうにかならんのかな。

水草のアサザは花を咲かせ、枯れたと思ったウィステリアも陽の光いっぱい浴びて水面を飛び出して葉を広げている。花が咲けばチョウが、夏も後半になるとバッタがやってきてウィステリアの葉をモリモリ食べるのだろう。ウィローモスは一段と勢力を広げている。生命がいっぱいのベランダ・ビオトープです。

サカマキガイのフンはミジンコの餌にならないのかなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2408-dd0793cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。