スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆の書き方(追記版) 

ツイッターで☆(五芒星)の書き順で盛り上がったのでブログにも書いてみる。
110609a.jpg
匝は上の図でいうAからはじめてDに線を引きBへと続けるのだが、これが結構人によって違うことがわかった。
ネットで調べると、以前からこういうネタが多いことも分かった。

日本の標準:第75回 星の書き順”と
オリラン:あなたの☆星の書き順は?(書き始め)”でのアンケートをまとめると、

1位:A→D 141
2位:E→B  97
3位:D→A  56
4位:A→C  25
5位:B→D  23
6位:B→E  20
6位:D→B  20
8位:C→A  9
9位:C→E  7
10位:E→C  6

匝は多数に入って安心…とかではない。
注目すべきはひと桁の書き方だ。
ここから始める人は極端に少ないということは何か理由があるのではないか。そう思うのだ。

開始点だけでみると
A 166
B  43
C  16
D  76
E 103

つまりCから書きはじめる人が極端に少ない。

では左右で比べてみよう。

左(EとD) 179
右(BとC)  59
左から書きはじめる人が多いことがわかる。

上下で比べると 

上(A)  166
中(BとE)146
下(CとD) 92
一番下から書きはじめる人は少ない。

以上から推察すると、
左から書きはじめるのは利き手の問題ではないかと思うのだ。頂点のAだけ利き手がわからないので比較にならないので漠然とした仮定での話になる。これは利き手を確認してから記録を集計すると明らかになるだろう。

追記-----
A開始については、CとDどちらに降ろすかで利き手が分けられるかもしれないと思ったが…。
利き手によって違いが現れるだろうか。
A→D 141
A→C  25
右利きはADなのだろうか、どうなんだろう?
---------

AとEからはじまるのは、漢字の書き順の影響が考えられまいか。するとアルファベットの筆記体の書き順が影響しそうな西欧だとどこからはじまるのかという疑問がでてくる。なかなかおもしろいぞ。

ツイッターで発展的に○(円)の描き方も話題になった。
匝は真下から時計回りに描く。左から描く人もいたが、数字のゼロはみんな上から反時計廻りに書くのだ。
聴かなかったがたぶん、アルファベットのオーもゼロ同様に書くだろう。

同じような形なのに図と文字とでは違うモノと認識しているんだな、きっと。

☆印、興味あれば周りの人に聞いてみてください。あと利き手も確認してね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2409-aa537d00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。