スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急電車 (幻冬舎文庫) 

阪急電車 (幻冬舎文庫)
阪急電車 (幻冬舎文庫)有川 浩

幻冬舎 2010-08-05
売り上げランキング : 513


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

阪急とはまったく馴染みがないが「阪急電車」のタイトルに書店で手に取りページをめくる。

電車に一人で乗っている人は、大抵無表情でぼんやりしている。

この一行にこれからのドラマを期待しないわけにはいかない。
まさに自分がそうだからだ。そして他の乗客と目を合わせないようにしつつちょっと気にかかる人をチラチラと見てしまう。

この本の登場人物は皆、チラチラと見られている人々だ。
片道わずか15分。駅数わずか8駅の短い路線、阪急今津線。このひと駅ごとに人間のドラマがある。
出会ったばかりの若い男女、付き合っている大学生、おばあさんと孫、大学受験前の高校生、白いドレスの女などなど。それぞれが一期一会で阪急電車の中ですれ違って行く。いや、それぞれがたまたま乗り合わせた車内のわずかな時間、知らないうちに人生をも大きく変えるきっかけになる。そんな不思議なことが電車にはあるのかも知れない。

物語は片道ではなく往復だ。
往路はきっかけ、復路は約半年後のその後。

心に強烈に残ったのは二人目の白いドレスの女だ。
一人目は甘い恋愛の始まりを感じさせる大学生の男女の話だが、白いドレスの女はそんな甘い恋の話から恐怖へと変えた。その時点でこの物語のとりこにされてしまったようだ。

気分爽快だったのは、うるさく大声で話す香水プンプンのおばさんたちがギャフンとされるところだったかな。詳しくは読んで楽しんでください。

もっとも読んでいて惜しいのはまったく沿線を知らないことだった。ところどころ車窓からの風景や歩く街並みを語るのだが、知らない土地だけに「あぁ、あそこか」とか「そういえばあったな」とかそういう思いがまったくできない。特に『生』の字にそんな過去があったとは…。でも本来の意味を知らず、見た人の思いも大切かな、と読後にふっと考えてしまった。

さて関西に行くことがあれば、ぜひ今津線に乗って登場人物が日頃みている風景を自分も眺めてみたいものだ。

映画「阪急電車」
http://hankyudensha-movie.com/

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2412-a09702d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。