スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種子を運ぶアリ 

6月26日は苔日和だったので、綱島の鎮守の杜を探索。

さすが神社。苔生すところがあります。
たぶんスギゴケだと思うけれど、暗がりで四苦八苦しながら写真を撮っていると視野の脇に白いモノが動いている!

よくみたらアリさんがなにかの種子を運ぶながら、スギゴケの森を上へ上へを歩いていました。
110626a.jpg
(クリックすると大きくなります)

なんの種子だろう。
このアリはなんという名前だろう。
種子をたべるアリがこんなに身近にいるものだろうか。

などなど撮影しながら疑問に思ったものの不明なままだ。

ただ種子を巣に運び食べるアリは結構いるらしいこと。また植物もまたアリに運んでもらうことを積極的に利用する植物がいることも、ネットを調べるとわかってきた。

でも…、この種子が巣に入るくらい大きな巣穴なのかな?
巣の入り口で解体するの?うむむむ。

いろいろ疑問が沸く1枚でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2423-43e2401a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。