スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオバトを見たくて大磯へ 

アオバトという鳩をご存知だろうか。
公園とか神社などにいるドバトなどとは違う、ウグイス色した鳩だ。
(補足だがウグイス色は実はメジロの色でウグイスは違う色なのだがな)

それがまた、なぜか海水を飲みに丹沢の山から飛来するというのだ。

そんなわけで朝も早い電車で大磯に7時に到着。大急ぎで照ヶ崎海岸へ。
110710_04.jpg

突如現れる緑色の鳩の群れ。これぞアオバトである。
110710_01.jpg
朝7時から9時半くらいまで粘って撮影しても満足のいく写真はほとんどなかったのは残念。
飛翔するアオバト。前がメスで後ろがオス。オスには羽の色に赤が入っているのだ。
110710_02.jpg
換算600mm相当の望遠レンズで、さらにトリミングしていろいろやってもこんなもん。
連写機能ONでISOも800くらいにしたため画質が悪い。ピントもしっかり合わせ切れていないのもあるだろう。
そこをひいき目に見ていただけると嬉しい。
110710_03.jpg
岩礁に着地する。ほら、みんなが見守っているよ。
110710_08.jpg
ざぶーん!と後からやられますから、当人(鳩)たちはハラハラなはず。
110710_09.jpg
これ、たぶん海水を飲んでいるのだと思うが…。
決してフジツボ食っているわけではないはず…。
しかしなんで海水を飲むのか、いまだ解明されていないということだ。不思議です。
110710_10.jpg
念のため動画も撮っておいた。これもまた諸般の事情があって画質がよくない。


アオバトは集団でやってくるが、グループが去ってしばらくするとやってくるというのを繰り返すため、待ち時間があるのだ。そんな時は別の鳥が相手してくれる。
たとえばウミネコさん…だよね?いやセグロカモメ?
110710_05.jpg
トビはケンカで空中戦。
110710_06.jpg
こちらはたぶんウミウ。海にいるから(オイオイ)。だって見分けつけられないんだ。
110710_07.jpg
次回、チャレンジするとしたらいろいろ考えなければならないな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2435-b22b0951

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。