スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙食の缶詰 

北海道は洞爺湖温泉で出会った宇宙食。「秋刀魚の蒲焼」と「鰯のトマト煮」です。
昨年5月にも宇宙食を食べましたが、この時は缶詰はなく宇宙食カレーがいいところでした。
さて今回の缶詰宇宙食はどうだろうか。
110918_11.jpg
開けた感じはいたってふつう。魚の模様は確かにサンマらしい。パッケージには「宇宙の魚缶シリーズ」の文字が。でも宇宙で獲れたサンマじゃないぞ。

食す…。これはまずまず。カレーの時にも感じたが宇宙食は味が濃い目である。どうも無重力状態では味覚に変化が生じるらしく、濃い口になるようだ。これを地上で食べると味が濃いので酒やご飯が進みそう。もっとも忘れてはならないのは1缶525円であること。
110918_12.jpg
さて次は鰯のトマト煮。開けるとトマトピュレのようなものがべったりしている。
油が分離しているようなのだが、これを適当に絡めて食す…
………
うがっ!

匝の口には合わない。何か生臭い。これは全員、箸が進まずに半分残して終わった。

今までおいしかったのは宇宙食パンの缶詰だったなぁ。

買って食べてみたいなぁという方。通販していますよ。

ビー・シー・シー宇宙の店
http://jaxagoods.net/SHOP/804668/804671/list.html

なんと鯖の味噌煮があるぞ!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2482-7cd0a1b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。