スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原の空、苔、ヒガンバナ 

9月28日、小田原。
空を見上げると飛行機が雲を引いていた。
110930_0928_01.jpg
山北の山の方には雲が波を打っている。気流が箱根外輪山や足柄山など越える時に波を打つのを雲としてみえるのであろう。風の強い時はいろいろな雲がみられる。
110930_0928_02.jpg
コケ。こちらは道路の片隅にあるので普通の人なら見落とすであろうし、道路わきで大の大人がしゃがんでいたらヘンに見えるだろうが、こうやって写真にするときれいだ。特に中央のハマキゴケらしきコケは美しい。
110930_0928_03.jpg
いつしかピョコピョコ現れたヒガンバナ。葉もなく一本の茎の頭に6つの花が咲く。花弁も細長いけど、目につくのは長いオシベだ。メシベもあるはずだが、もはやウォーリーを探せ状態。実物見ればすぐに見つかると思うけれど。
110930_0928_04.jpg
つぼみの時は花弁もオシベも同じくらいの長さなのですがねぇ。開花シーンを撮影したくなってきた。
110930_0928_05.jpg
そんな秋がみえてきた小田原です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2493-ad4adae9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。