スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萎れゆくヒガンバナ 

先週まで咲いていたヒガンバナも、今週初めには花はしぼみはじめた。
花の付け根、子房も膨らむが日本のヒガンバナのほとんどは球根で増え、遺伝的に種子では増えることができない。でも種はつけるようなので、この膨らみも種子になるのだろう。

一部の疑問ではこの種子を蒔くとどうなるのか…。興味ありますね。

その辺は
ヒガンバナの捻性と発芽について 瀬戸他 2011年
http://www.minato-ala.net/details/guide2/j/0159.html
に興味深い報告があった。

111011_01.jpg
根元には葉がでてきていた。ヒガンバナはいきなり茎が長く伸びて真っ赤な花をつけるが、葉は花が終わった後に出てくるちょっと見慣れない植物です。
111011_02.jpg
もう少し観察していきたいですが、花壇なので途中で処分されてしまうのが心配。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2515-5bebd70d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。