スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリガネムシと戯れる? 

みなさんは“ハリガネムシ”という生物をご存知であろうか。

カマキリの寄生虫で針金のような感触のまさに針金のようないきものです。
かなり長く10cm以上はありますが、これ全体がカマキリの中に収まっています。
その容姿だけでなく、本当の恐ろしさはカマキリを操縦してしまうことでしょう。

ハリガネムシが生長し産卵する時期になると水辺にいかねばなりません。
しかしハリガネムシは自ら水辺に移動する手段を持ちませんから寄生しているカマキリに水辺に行かせてしまうのです。そもそもカマキリは水辺に行く必要がないのですが、なぜか水辺に行きたくなって歩き出し、あろうことか水につかります。するとお尻からハリガネムシがニュルニュルでてきて水草などに産卵するそうです。

カマキリの方は寄生虫もいなくなってさぞ楽になったろうと思いきや、どうも魂を抜かれたような感じになるとか…。

匝が小学生低学年の頃、道路に干からびたハリガネムシを見つけたことがありますが、おそらく道路の水たまりにカマキリが入ったためハリガネムシもどうしようもなかったんでしょうね。

さらにその頃のウワサでは、ハリガネムシをつかまえると爪の間から入って人間をも操る…(キャー)などという迷信もありました。こわい!こわいですねぇ。

さてそんなハリガネムシの実物に出会ってしまったんです!
逗子にある理科ハウスで。それも3匹!!

それだけでも驚きですが、子供が水槽から摘まみだしてゼンマイのようにとぐろを巻いたハリガネムシをムニューっと伸ばしたり指に絡みつけたり…(驚愕)
111127a.jpg
匝も気持ち悪さを抑え…(いやいや本当ですよ!)手のひらに乗せてみるとゼンマイのようにまるまったりゆっくり動いたり…うううっ。
111127b.jpg
こんなことを写真や文字で書いても雰囲気が分かりませんね。
動画も撮ってきました。デジカメで撮ったものですがまだ使いこなせずピントがぼけていますが雰囲気だけでも楽しんでいただければ!(えぇー)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2545-22034ae3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。