スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い月 

12月10日、全国的に観測が可能だった皆既月食。残念ながら天候に恵まれないところもあったようで、匝の住む綱島も薄雲を通しての観測を覚悟するなど際どかった。しかし皆既時間帯には雲もほとんどなくなり、夜空に鈍く光る幻想的な赤い月を堪能した。

写真はすべてクリックすると大きくなります。
20時31分頃から地球の二重の影の外側、薄暗い影の中に入ります。見た目はほとんどわからない程度の半影食と言われるもの。濃い影となる本影には21時45分頃に入り始め、部分食となりました。
111210_10.jpg
△21時43分、本影直前ですが左下にシミのような闇が!
111210_11.jpg
△21時56分 部分食
111210_12.jpg
△22時33分 部分食 かなり速い鰯雲の合間に撮影。どんどん雲が濃くなっていく。
111210_13.jpg
△23時03分 部分食 幸いにして大きな雲は流れ去る。皆既2分前。
111210_14.jpg
△23時26分 皆既食 23時05分~23時58分まで続く。赤い月。
111210_15.jpg
△23時26分 先の皆既食を見た目に合わせて撮影したもの。写真だと赤くなるが露光時間などの条件によるためで、実際の見た目はもっと薄暗い赤味が伴った感じ。
111210_18.jpg
△23時13分 皆既食中の夜空。月食前は月光もかなり明るく目が慣れれば河原もライトなしで見えた。当然、明るい星以外は月光で見えなかったが、皆既食に近付くにつれ見える星が増え、皆既食中は月のすぐ横の星も見えてちょっと感動。

ちょうど真上に薄暗く光る赤い月、そして冬の星座が並ぶ。
月の下はオリオン。すぐ右にはアルデバランがあり牡牛座だ。写真の範囲外だがプレアデス(スバル)も見えた。オリオンの左にはふたご座とこいぬ座のプロキオン。

実に幻想的だった。いいものみたよ。部分食の終わりは11日1時18分頃だった。
次回の皆既月食は2014年10月8日18時40分頃から皆既月食がみられます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2558-97f65714

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。