スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジロちゃんぶつかる! 

ドンッ!
突然の音に社員が顔を上げる。窓に鳥がぶつかったと言う。
ベランダに出るとウグイス色の小鳥が落ちていた。目の周りが白い。メジロだ。
左の羽根は開いたまま、ピクピクしているが動くことはなかった。おそらく脳震盪を起こしているのだろう。
その時はそう思った。
120117a.jpg
外ではヒヨドリがこちらに飛びかからんばかりに飛んできているところで、匝の姿をみるなりひるがえり電線にとまってこちらをうかがう。どうやらヒヨドリに追われていたのかもしれない。ヒヨドリはメジロを襲うのかな。

ベランダの隅に置いて置くのもヒヨドリもいることでもありやめて、室内に入れる。
手のひらに乗せたメジロは温かい。相変わらずピクピクしている。首のところが曲っているのが大変気になった。
120117b.jpg
事務所で容器にティッシュを入れて様子を見ていたが、ピクピクが収まると同時に動かなくなった。
やや熱いくらいに温かかった身体もぬるくなった気がする。どうやら死んでしまったらしい。
このあとの処理に悩んだが、会社の菜園に少し深めの穴を掘って埋めてあげた。
春、花かなにかに生まれ変わって再会を楽しみにしている。

スポンサーサイト

コメント

ごめんなさい、読んでいてとても不快に感じました。
掲載の意図が分かり兼ねます。

Re: タイトルなし

表現が不快の感じたのであればお詫びします。
ただ掲載は、このブログが私の日記であり私が備忘としているところですので、見聞きしたことは可能な限り記録として残していきたいと考えています。

> ごめんなさい、読んでいてとても不快に感じました。
> 掲載の意図が分かり兼ねます。

メジロについて調べている途中でこちらに来ました。
人間でも動物でも生あるものは必ず死ぬ。不運にも窓に当たって絶命したこのメジロの亡骸を埋めて、来生は花になれと祈る管理人様。人間は生命の循環を祈ることしかできません。でも、そこには自然に対する畏敬の念があります。それが感じられる記事でした。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2590-42d099a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。