スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦でおさかな天国 

三崎・城ヶ島に遊びに行った日。以前からちょっと気になっていた水中観光船“にじいろさかな号”に乗船してみた。

一見ただの観光船のようだが船底のほうに下りることができ、海中をみることができるのだ。
120115_21.jpg
まぁ、満員になることは土日でも少ないので覗き窓は選び放題ではある。航行中は波による泡があるため窓外の景色を見ることはできない。それまでは甲板で三浦・城ヶ島の風景を楽しんでいただきたい。
行きかう船に手を振ったり、カモメやウミウを眺めたり。
120115_22.jpg
三崎にある2基の風車があるあたり、宮川湾で停泊。ここまで三崎港から10分程度。
航行中の泡が消えしばらくすると、窓外に魚が群れをなして現れた!
120115_24.jpg
東京から電車で1時間半程度のところでこんなに魚が泳いでいるんですね。
まぁ、水の透明度は南の島とは違いますが、それでも乗客は大喜びです。もちろん匝もね。
120115_26.jpg
短いながらデジカメで動画も撮ってきました。ちょっとした雰囲気は楽しめると思います。
三崎に行ったら1度くらい乗船しても損しませんよ。船も船酔いするほど揺れることはありませんでした。


海中の景色を楽しんだ後、残りの停泊時間は魚たちへの餌やり。
希望すればみんなで餌を与えることができるでしょう。餌はアミ(小エビみたいなもん)だったと思うけれど、水面に落ちるたびに魚たちがバチャバチャとやってくる。ちょっと遠くへ放るとサッと泳いで行くのだ。
120115_27.jpg
大人1200円 小学生600円。
京急の三浦半島1dayきっぷや2dayきっぷを提示するとひとり200円の割引。
楽しんできてください(^^)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2591-e10ae97c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。