スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメのおトイレ(男性用?) 

「キノコ、生えていないかしら?」

サブセンターのスタッフの方に聞かれたので、堤防脇に置いてあった木材のところを教えてあげた。
金網越しに朽木にキノコが生えているを見ていたのだ。

木に生えるキノコについて話していたら、丸い卵のようなものを見つけた。
何かの繭っぽい。すでに穴が開いて主は飛び立った後らしい。
120304_21.jpg

「イラガかしら?」

イラガってあれだ、緑色して体中トゲだらけ。さらに不用意に触れると電気が走る痛さ。その後もひどいめをみるやつだ。

調べるとたしかにイラガの繭のようだ。それよりも気になったのは別名。

「スズメノションベンタゴ」

「タゴ」というのは肥桶のことらしい。
つまり「スズメの小便の入った肥桶」という意味。現代的に言えば「スズメの男性用小便器」ってとこかな。

しかしきれいに丸く穴が開くものだ。ファーブル昆虫記でも丈夫な繭を丸く穴を開けてでてくるハチについての記載を読んだ事があるが、あれは開けやすい様に糸を吐いている段階から仕掛けをほどこしているという話だった。

イラガの繭も似ているのかな。気になるな。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2647-fcd3286a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。