スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お札の数式 

トルコ旅行に行った課長さんからみせてもらった10トルコリラ。
表の肖像は建国の父ムスタファ・ケマル。裏面は…数式?
120330_01_0328.jpg
裏の肖像はジャヒト・アルフさんという数学者でした。
wikipediaのトルコリラを読むと、書かれている数式はArf不変量。その下に等差級数。さらに柄としてそろばんと0と1を並べた2進数なのだそうです。

英語版wikipediaを読むと、結び目理論や手術の理論なども手掛けたらしい。

裏側は紙幣により科学史家、数学者、建築家、女性文学者、トルコ音楽家、詩人と、トルコを代表する人たちが描かれている。日本も各分野の人たちを肖像にするのもいいかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2666-5b3b20a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。