スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大気を顕微鏡で見る 

一昨日の夜、スライドグラスにメンソレータムを薄く塗り伸ばしてベランダに置いておいた。
回収したのは昨夜だ。パッと見た目、特に何もついていないように見えたが顕微鏡で覗くと黒いゴミのようなモノや糸くずのようなモノの中に、丸いモノが点々と見える。
120402_01a.jpg
花粉に見えるが何の花粉だろう?スギの花粉は突起があるといい、なんかくぼみがあるのでヒノキなのかしら?
120402_02a.jpg
これも上の写真と同じモノだと思うのです。そういえばところどころ透明で丸いモノがあったが、あれは花粉が割れたものかなぁ。
120402_03.jpg
これは透過光ではなく落射光による観察。なにやらお尻のような形のものが3つある。
形状からマツの花粉かと思うのだがどうだろう。

今回、予備観察としてやってみたがプランクトンよりはおもしろくない。
しかし大気にはいろんなもんが飛び交っていることを知る。鼻も詰まるわけですよ。

さて花粉観察をしてみたいものである。
また水分に浸す観察とかいろいろある。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/2671-cb017246

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。